博多で人気の“炊き”餃子を梅田で!餃子に染み込む鶏白湯スープが自慢の「炊き餃子 川添」

2019年6月27日 12:05更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

まだまだ関西では知られていないものの、博多では人気の炊き餃子。スープで炊くため餃子の中まで旨味たっぷり。そんな炊き餃子を提供する「炊き餃子 川添」は、梅田・東中通り商店街の路地にある専門店。鶏白湯と和風ダシのWスープであっさりした味わいの「白炊き」と、特製の痺辛油を合わせた「赤炊き」の2種の炊き餃子のほか、揚げ物、酒のアテまで豊富にそろう。<※情報は関西ウォーカー(2019年5月21日発売号)より>

特製スープと味わうアツアツ餃子を

白炊き餃子(並6個・950円)。グツグツと煮立った土鍋で提供される名物メニュー/炊き餃子 川添

すべての画像を見る(6件)

鶏白湯と和風ダシをブレンドしたスープは、くさみのない濃厚な旨味が特徴で餃子と好相性。追加410円で〆麺もあり。

【写真を見る】モチッとした食感のあとに、中まで染み込んだスープの旨味とあんが絡み合う/炊き餃子 川添

「餃子に染み込む、自家製鶏白湯が自慢です。残りのスープに麺か雑炊(410円)を追加して最後まで味わって。単品のチキンスープ(324円)もぜひ!」と、店主の川添尚人さん。

外はカリッと、中はジューシーな揚げチリ餃子(734円)/炊き餃子 川添

甘辛いチリソースが食欲をそそる。

まずはスピードメニューの酢モツ(410円)を/炊き餃子 川添

昭和レトロな雰囲気の店内。カウンターが4席あり、一人飲みにも使える/炊き餃子 川添

路地裏にあるので赤提灯を目印に/炊き餃子 川添

■炊き餃子 川添<住所:大阪市北区堂山町6-13-1F 電話:06-6363-0338 時間:18:00~翌5:00(フードLO4:00、ドリンクLO4:30) 休み:なし 席数:28席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:各線梅田駅より徒歩5分>

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る