小さな子連れでハマる!神奈川で梅雨でも楽しめる屋内スポット

2019年7月10日 11:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ジメジメした梅雨の季節は、ついつい遊びに出かける足も鈍りがち。そこで家族や友人同士、一人アミューズメント的な体験も充実など、雨の日でも存分に楽しめる無料&300円以下の屋内スポットを紹介!

スタイリッシュな空間で子供たちが羽を伸ばして遊び回れる!

館内は雲をイメージした空間
(C)撮影=遠藤 潤

すべての画像を見る(9件)

「アミューあつぎ」8階にある室内プレール―ム「屋内広場 sola」。ホワイトを基調にデザインされた空間には、小さな子供向けのキュートな遊具が充実し、三輪車に乗れるスペースも確保され大人気。雨の日でもアクティブに遊びたい子供にピッタリ。ベビーカー置き場も完備している。

【写真を見る】かわいいデザインの大型遊具が充実(C)撮影=遠藤 潤

■屋内広場 sola 住所:神奈川県厚木市中町2-12-15 アミューあつぎ8F 電話:046-225-2922 時間:9:00~18:00 休み:施設に準ずる 料金:無料 駐車場:10台(150円/30分) アクセス:小田急線本厚木駅北口より徒歩5分

木のぬくもりに触れて自然を学べる

木に直接触れることで動きや発見を楽しめる(C)撮影=遠藤 潤

「環境と共生」を学べる、無料のプレイエリア「Wood Cube」。その名のとおりに、木がふんだんに使われたスペースで、「木の砂場」や「森の物語ボード」などのユニークなエリアが設けられ、木のぬくもりに触れながら学ぶことができる。

カラフルな積み木で木肌の感触を楽しむ(C)撮影=遠藤 潤

■Wood Cube 住所:神奈川県海老名市扇町13-1 ららぽーと海老名3F 電話:046-234-1100 時間:10:00~21:00 休み:なし ※臨時休館日あり 料金:無料 駐車場:1,800台(500円/60分※最初の30分無料、以降250円/30分) アクセス:JR線ほか海老名駅より徒歩1分

手作りの展示もあるアットホームな科学館

サイエンスショーや工作教室が盛況(C)撮影=遠藤 潤

宇宙体重計やパラボラ実験装置などで科学に親しめる展示ホールをはじめ、サイエンスショーや天体望遠鏡工作教室などのイベントを数多く実施する「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」。プラネタリウムは別途料金が必要だが大人200円、子供50円と格安で楽しめるのが魅力だ。

手作りの展示は新しい展示物に改装中(C)撮影=遠藤 潤

■神奈川工科大学厚木市子ども科学館  住所:神奈川県厚木市中町1-1-3 厚木シティプラザ7F 電話:046-221-4152 時間:9:00~17:00、第3月曜(祝日の場合第2月曜)12:00~17:00 休み:なし ※臨時休館日あり 料金:入館無料 駐車場:なし アクセス:小田急線本厚木駅東口より徒歩3分

【取材・文=エディターズ・キャンプ/撮影=遠藤 潤】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る