昼は多彩なイベント、夜は最新花火を満喫!「第41回芦屋サマーカーニバル」の観覧エリア情報

2019年7月14日 8:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

第41回芦屋サマーカーニバルは、「AshiyaDancing FireworksShow」と題して、さまざまな花火を打ち上げる。最新技術を使った3D花火やメッセージ花火は、間近で堪能できる有料観覧席から楽しむのがおすすめ。ダンスや歌などのパフォーマンスが繰り広げられる市民参加型の特設ステージ、屋台に縁日ストリートなどを昼から満喫できる。<※情報は関西ウォーカー2019年15号より>

シーンにあった観覧席で最新花火を満喫できる

連続スターマインをはじめ、水面に映り込む花火に注目を/芦屋サマーカーニバル

連続スターマインをはじめ、水面に映り込む花火に注目を/芦屋サマーカーニバル

すべての画像を見る(4件)

砂浜を幻想的なムードに包み込む色とりどりの花火にうっとり。

【写真を見る】至近距離から打ち上がる花火が、空一面をまるで昼のように明るく照らす/芦屋サマーカーニバル

【写真を見る】至近距離から打ち上がる花火が、空一面をまるで昼のように明るく照らす/芦屋サマーカーニバル

いち早く2009年からコンピュータ制御の音楽花火技術を導入。

生演奏とのコラボレーションがあるのも特徴/芦屋サマーカーニバル

生演奏とのコラボレーションがあるのも特徴/芦屋サマーカーニバル

最寄りの阪神芦屋駅の混雑状況

JR芦屋駅、阪急芦屋川駅などアクセス方法が豊富ながら、阪神芦屋駅が会場まで一番近いため、18時を過ぎると駅周辺が混雑する。17時ごろに到着し、会場までの約1.5kmをのんびりと歩こう。帰りはほぼ全員が阪神芦屋駅に向かうため、避けた方が無難。

駅から会場までは約1.5km。時間に余裕を持って行動しよう/芦屋サマーカーニバル

駅から会場までは約1.5km。時間に余裕を持って行動しよう/芦屋サマーカーニバル

【到着理想タイム:17時 混雑度:●●●●○】

らくらく観覧エリア

リーズナブルな砂浜観覧席(1000円)や、ディナー付きでラグジュアリーなアリーナ観覧席(2人3万8000円)など、多彩な有料観覧エリアがある。アリーナ観覧席では、花火を見ながらコース料理を味わうという、特別な体験が可能。今年新登場のプレミアム砂浜観覧席(2000円)は、砂浜最前列エリアに入場でき、優先退場で帰りもラクラク!砂浜観覧席、一般観覧席は花火当日の会場などで販売。それ以外はHPなどでの前売りのみなので事前に購入を。

■芦屋サマーカーニバル<日程:7月27日(土) 時間:19:45〜20:30 ※小雨決行、荒天時は中止 会場:芦屋市総合公園・潮芦屋ビーチ 玉数:約6000発 花火の大きさ:最大4号玉 昨年の人出:約9万人 屋台:約150店 打ち上げ場所:潮芦屋ビーチ内 問い合わせ:芦屋市民まつり協議会 電話:0797-35-0871>

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る