浴衣で行きたい!愛知で開催される夏の注目イベント3選

2019年8月12日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

夏をもっと満喫したい!そんなあなたに今回は、夏祭りや夕涼みなど愛知で開催される注目イベントを3つ紹介。大切な人と一緒に、夜のイベントへ足を運んでみませんか?

華やぎを見せる名古屋のメイン通り

名古屋を代表する祭り「第68回 広小路夏まつり」は、2日間で50万人以上の人が訪れる

名古屋を代表する祭り「第68回 広小路夏まつり」は、2日間で50万人以上の人が訪れる

すべての画像を見る(4件)

「第68回 広小路夏まつり」が、広小路通一帯(栄~伏見間)で2019年8月17日(土)・18日(日)に開催される。両日共に17時からみこしや山車がパレードを繰り広げ、歩道には150以上の多彩な屋台が並ぶ。沿道では太鼓や三味線などの伝統楽器による演奏や、音楽ライブなどのさまざまなステージも開催され、見どころがいっぱいだ。

■第68回 広小路夏まつり / 期間:2019年8月17日(土)・18日(日) / 会場:広小路通一帯(栄~伏見間) / 住所:愛知県名古屋市中区栄ほか / 電話:052-962-7143(広小路夏まつり実行委員会) / 時間:17:00~21:00 / 料金:観覧無料

夏の宵に浮かび上がる、幻想的な大提灯

【写真を見る】最大約10mの大提灯が境内に掲げられる「三河一色大提灯まつり」。明かりが入ると、大提灯に描かれた絵が浮かび上がり幻想的だ

【写真を見る】最大約10mの大提灯が境内に掲げられる「三河一色大提灯まつり」。明かりが入ると、大提灯に描かれた絵が浮かび上がり幻想的だ

「三河一色大提灯(おおぢょうちん)まつり」が、「三河一色諏訪神社」(愛知県西尾市)で2019年8月24日(土)・25日(日)に開催される。最大約10mの大提灯6組12張が、境内に掲げられる様子は壮観そのもの。明かりが入ると、大提灯に描かれた神話などを題材にした絵が浮かび上がり、幻想的になる。24日(土)の19時ごろに献灯祭が行われるため要チェックだ。

■三河一色大提灯まつり / 期間:2019年8月24日(土)・25日(日) / 会場:三河一色諏訪神社 / 住所:愛知県西尾市一色町一色宮添129 / 電話:0563-73-4276(三河一色諏訪神社) / 時間:詳細は要問い合わせ / 料金:観覧無料

竹かごの明かりが街道を優しく照らす

「たんころりんの夕涼み」で飾られる竹かごは、地元住民が足助の竹を使い手作りしたもの。温かみを感じられる

「たんころりんの夕涼み」で飾られる竹かごは、地元住民が足助の竹を使い手作りしたもの。温かみを感じられる

「たんころりんの夕涼み」(愛知県豊橋市)が、2019年8月3日(土)から15日(木)まで開催される。期間中は、たんころりんと呼ばれる竹かごと和紙で作られた円筒形の行灯(あんどん)が、古い町並みや香嵐渓に並ぶ。期間中の土日祝を中心に町かど演奏会も開催され、明りがともった町並みに心地よい音楽が響き渡る。

■たんころりんの夕涼み / 期間:2019年8月3日(土)~15日(木) / 会場:足助の古い町並み・香嵐渓周辺 / 住所:愛知県豊田市足助町一円 / 電話:0565-62-1272(豊田市 足助観光協会) / 時間:日没~21:00 / 料金:観覧無料

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る