大阪・万博記念公園が「万博夏あそび」で盛況 水遊び・お化け屋敷に夜はイルミナイトも

2019年8月2日 17:00更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

万博記念公園(大阪府吹田市)で現在、夏の納涼イベント「万博夏あそび2019」が開かれ、連日にぎわいを見せている。

太陽の塔とのコラボレーションで幻想的な空間を創出する「イルミナイト万博」

太陽の塔とのコラボレーションで幻想的な空間を創出する「イルミナイト万博」

すべての画像を見る(7件)

お祭り広場では「水あそびエリア」を設け、毎日放水イベントを開催。大人も子どもも楽しめるプールや、70メートルのロングスライダーも登場する。火曜・木曜に水風船合戦、月曜・火曜・木曜・日曜に水鉄砲バトル、日曜に泡パーティーなど、子どもが楽しめるイベントも盛りだくさんになっている。

子どもたちが大喜びだった「水あそびエリア」

子どもたちが大喜びだった「水あそびエリア」

吉本興業プロデュースのお化け屋敷「よしもとおもしろおばけ屋敷」も登場。舞台となるのは「私立よしもとおもろ中学校」で、お笑い芸人による恐いけどおもしろいお化け屋敷だ。

恐くておもろしい「よしもとおもろおばけ屋敷」

恐くておもろしい「よしもとおもろおばけ屋敷」

夜は恒例イベント「イルミナイト万博」を開催。「太古から未来へ」と題し、太陽の塔や会場全体をミラーボールでライトアップして幻想的な雰囲気を醸し出す。

ライトアップされた太陽の塔

ライトアップされた太陽の塔

8月10日(土)~18日(日)は、お祭り広場西側(大地の池南通路)で手持ち花火が楽しめる「夕涼み花火 プレイエリア」が登場。手持ち花火販売&水バケツのレンタル(有料)も有り。

水遊び、お化け屋敷などのほか、夜は幻想的なイルミナイトが鑑賞できて一日中楽しめる。フードエリアも設けられ、ベビ-カステラやタピオカミルクティーなどのフード&ドリンクが充実している。

■万博夏あそび2019 〈期間〉2019年7月20日(土)~8月25日(日) 〈会場〉万博記念公園 〈住所〉大阪府吹田市千里万博公園 1-1〈電話〉06-6877-7387〈開園時間〉9時30分~21時 ※期間中は夜間延長 ※各イベント毎に利用時間が異なる 〈休園日〉水曜日 ※8月14日は開園 〈料金〉自然文化園の入園料は大人250円 、小中学生70円 ※各イベント毎に料金は異なる

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る