関東三大祭のひとつとも称される「石岡のおまつり(常陸國總社宮例大祭)」開催

2019年8月17日 23:31更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

茨城県石岡市のJR常磐線石岡駅前中心市街地、及び常陸國總社宮で9月14日(土)から16日(月)まで「石岡のおまつり(常陸國總社宮例大祭)」が開催される。

屋根のない二層~三層建ての山車

屋根のない二層~三層建ての山車
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

関東三大祭のひとつとも称される石岡のおまつり。格式高い大神輿をはじめとした絢爛豪華な山車や、勇壮な幌獅子40台以上が市内を巡行する。中でも、中日に行われる幌獅子大行列と山車大行列は迫力満点だ。

【写真を見る】各町それぞれの山車は見所のひとつ

【写真を見る】各町それぞれの山車は見所のひとつ写真は主催者提供

担当者は「石岡のおまつりは、正式には常陸國総社宮例大祭と呼ばれており、最も重要な祭りとされています。これは『正月やお盆には帰省しなくても、おまつりには帰る』と言われるほど出身者にとっては思い入れのある祭りで、石岡市民にとって1年でもっとも熱くなる日。祭りの熱気をぜひ体感してみませんか?」と来場を呼びかける。

期間中、毎年約40万人の人出で賑わう祭り。毎年訪れている人も、まだ訪れたことがない人も、ぜひ足を運ぼう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る