ポッター平井の激推しアイドル!第201回 「NMB48」谷川愛梨・加藤夕夏・安田桃寧がマイブームを熱く語る!公演秘話も満載!

2019年8月20日 12:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

NMB48が21枚目のシングル『母校へ帰れ!』を8月14日にリリース! その聴きどころはもちろん、最近のマイブームや公演の裏話などを、谷川愛梨・加藤夕夏・安田桃寧の3人に語ってもらった。(8月6日、NMB48劇場にて)

NMB48の左から加藤夕夏・安田桃寧・谷川愛梨


3人のマイブームは?


――今年2月に発売された「関西ウォーカー特別編集NMB48スペシャル!」に、全メンバーのマイブームが掲載されています。半年前を振り返りながら、今のマイブームを教えて下さい。あいりは「味覚狩り」でした。今は?

谷川「今は『ウォーキング・デッド』です!ネットフリックスで何か観ようと思って、観始めたのがきっかけで、私の人生観が変わりました!本当に面白くて、まだ観ていない人は観てほしい!まわしもんって言われるんですけど、無償です(笑)。今、シーズン10の撮影をしているアトランタに行きたいと思うぐらいハマっていて、そのドラマに出ているノーマン・リーダスさんが好きすぎて、待ち受けにしています」

加藤「国際結婚したいって言ってました(笑)」

谷川「結婚願望とかなかったのに、急に通り越しました(笑)」

谷川愛梨のマイブームは「ウォーキング・デッド」!


――人生観が変わりましたね(笑)。ももねは半年前は「食品のカロリーを調べること」でしたが、今は?

安田「映画鑑賞です!前までは時間があったら観に行くぐらいやったんですけど、今は時間を作ってでも観に行くようになりました。最近は『ペット2』を観て、ペット同士の友情に心を動かされました。今、一番観たいのは『天気の子』です」

加藤「私、一人で観に行って、泣きました」

安田「私、全然泣かないタイプやったんですけど、映画を観るようになって、感受性が豊かになったからか、よく泣くようになったんです。ドラマ系よりアニメ系の方が泣けます。あと、ホラーも観れるようになって、グロい系の作品も観たいなと思います」

谷川「『ウォーキング・デッド』観て!人生が変わるから!」(一同爆笑)

安田「愛梨さんの目がキラキラしてる(笑)」

谷川「この話をしている時が一番楽しい!」(一同爆笑)

安田桃寧のマイブームは「映画鑑賞」!


――うーかは、半年前は「プロテインバー」でしたが、今は?

加藤「地味なんですけど、玄米です(笑)。玄米の食感が大好きで、白米より玄米の生活をしているんですけど、おにぎりにして劇場に持って行ったら、玄米を知らないメンバーが多くて、えっ!?めっちゃ茶色やん!大丈夫?みたいな(一同爆笑)。本郷柚巴ちゃんは、うーかさんが持って来てる汚いごはんって玄米なんですか?って(一同爆笑)。玄米は食物繊維も豊富やし、すごくいい食材なので、それを知ってほしいなと思います」

――うーかは占いにもハマっていて、占い師さんから書道を勧められて、習いに行ったそうですが。

加藤「書道をしたら、私を見守って下さる神様との繋がりが強くなるよって言われて、1回だけ習いに行ったんですけど、また行きたいです。それから反省会ノートを綺麗に書くようになりました」

加藤夕夏のマイブームは「玄米」!


近畿十番勝負&冠ライブを振り返る


――最近のライブや劇場公演のお話しを伺います。春に近畿十番勝負ツアーがありましたが、特に印象に残っているのは、難波王国の大奥のコーナーです。

3人「懐かしい~!」

――あいりは案内人役として、お客さんとやりとりをしたり、すごく難しかったんじゃないかなと思うんですけど、いかがでしたか?

谷川「セリフを覚えるのも好きで、そのセリフも未だに抜けなくて、またしたいなぁと思うぐらい楽しかったです。誰がやる?っていう話になった時に、スタッフさんが、あいりにやってほしいって言って下さって、私がさせていただくことになって、ファンの方も、スタッフさんも、良かったよ~って、たくさん言って下さって、すごく嬉しかったです」

NMB48の左から加藤夕夏・安田桃寧・谷川愛梨


――ももねは7月27日にNMB48劇場で、やまりな( 山尾梨奈)と「2人部屋」と題した冠ライブを行いました。そのレポート記事も後日アップしますが、いかがでしたか?

安田「ほとんどやまりなさんが考えて、衣装も作って下さって、すごく楽しかったんですけど、本番前に熱いハグをされたんですよ。やまりなさんから『おしべとめしべと夜の蝶々』の最後にキスをするフリをするからって言われていて、リハーサルの時もそうしていたんですけど、本番では本気のチューでした」

谷川・加藤「えーっ!!」

安田「しかも、2回されたんです」

谷川・加藤「えーっ!!」

――キスをしようと近づいたところで幕が閉まったので、本当にキスをしたとは思ってなかったです。

加藤「見えてないところでチューしたんやったら、ガチやん(笑)」

安田「でも、また機会があれば、公演とかしたいなと思います」

――ユニット名はどうしましょう?

安田「有力な候補のひとつは、<やまね>です」(一同爆笑)

NMB48の左から加藤夕夏・安田桃寧・谷川愛梨


――うーかは7月26日にダンス選抜ユニット「だんさぶる!」の冠ライブがありました。こちらも後日レポート記事をアップしますが、いかがでしたか?

加藤「NMB48劇場では2回目だったんですけど、前回よりみんなの気持ちがひとつになっていた感じがしました。『母校へ帰れ!』のカップリングとして収録される初オリジナル曲の『やさしさの稲妻』も初披露できて、リハーサルの時からずっと嬉しくて、楽しくて、やりがいがありました」

――最後の曲が終わった後、拍手が鳴り止まなかったですね。

加藤「前回も拍手が鳴り止まなくて、号泣しちゃったんです。今回も泣きそうになったんですけど、これからもっといろんなことを実現したいのに、ここで泣いたらアカンと思って、グッとこらえました。自分たちで公演を作るって正解がわからへんから不安なんですけど、そういう拍手をいただいた時に、ホンマに頑張ってよかったって思えて、すごく嬉しかったです」

NMB48の左から加藤夕夏・安田桃寧・谷川愛梨


『母校へ帰れ!』の振付が変わった!?


――新曲『母校へ帰れ!』の聴きどころは?

安田「背中を押してくれる曲で、幅広い年代の方に響く曲だと思うので、プレイリストに入れていただいて、通勤しながらとか、お風呂に入りながらとか、いろんなシーンで聴いてほしいなと思います」

――ダンスの見どころは?

加藤「“帰る”表現が多いんですよ。イントロで走るポーズをしたり、サビはずっとステップをして、1回前に出るんですけど、後ろへ下がるみたいな(笑)。そこに注目して下さい!」

――TIFで披露していたチームBⅡバージョンの映像を観たんですけど、MVの振付と変わりました?

加藤「変わりました!曲がガラッと変わったので」

――ん?

加藤「アレンジが変わったんですけど、最初のアレンジより、すごく元気な感じになったんです」

――MVを撮った時の音源と、完成した音源が違う?

谷川「そうです!」

加藤「みんなで変わった部分の振付を覚え直しました」

――貴重な裏話が聞けました。MVの見どころは?

谷川「制服で撮影したんですけど、『ドリアン少年』以来4年ぶりで、ずっと応援して下さっている方はエモい気持ちになると思いますし、グッとくるようなシーンがたくさんあるので、是非チェックして下さい!」

――最後に、9月4日から始まるライブツアーと、10月5日に大阪城ホールで行う9周年ライブに向けての意気込みを聞かせて下さい。

加藤「いつも会いに来て下さっている皆さんのところに私たちから会いに行って、パフォーマンスを観てもらえるので、いっぱいはしゃいで、最高のライブにしたいと思います!」

安田「ツアーではダンスパフォーマンスをしっかり見せて、9周年ライブでは全員の力を集結させて、NMB48の勢いを見せたいと思います!」

谷川「若いメンバーと、ベテランメンバーが力を合わせた今のNMB48のかわいさ、かっこよさを届けたいと思います!」

NMB48の左から加藤夕夏・安田桃寧・谷川愛梨


◆最新情報などは「NMB48」公式サイトをチェック!

http://www.nmb48.com/ 

【取材・文・写真=ポッター平井】

<ポッター平井・プロフィール>

構成作家・ライター。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドル・サポーター。

ポッター平井

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る