湯島の街が猫だらけになる20日間。「第9回 ねこまつり」開催

2019年9月3日 7:00更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

文京区湯島地域では、9月10日(火)から29日(日)まで「第9回 ねこまつり at 湯島~猫でつなぐ湯島のまち~」を開催する。

毎年2月と9月の年2回、20日間にわたって文京区湯島地域にて行われる「ねこまつり」

毎年2月と9月の年2回、20日間にわたって文京区湯島地域にて行われる「ねこまつり」

毎年2月と9月の年2回、20日間にわたって文京区湯島地域で行われるこのイベント。猫が似合う街、下町情緒漂う湯島地域で猫を通して観光客に楽しんでもらいながら、猫も人も幸せになれるように、そして湯島地域の活性化を目指して開催される。

【写真】猫の写真をコンテスト形式で募集するフォトコンテストも実施。キュートな猫写真に癒やされる

【写真】猫の写真をコンテスト形式で募集するフォトコンテストも実施。キュートな猫写真に癒やされる

2015年9月、3店舗からスタートし9回目を迎える今回は湯島地域にある保護猫カフェや書道教室、雑貨屋など個性豊かな16店舗で、イベント期間限定の猫にまつわる「もの」「こと」「たべもの」を用意。毎回人気のねこまつりツアーやスタンプラリー、ねこまつり限定猫御朱印などが行われる。

猫のかき氷(サカノウエカフェ)

猫のかき氷(サカノウエカフェ)

そのほか、落語家・五街道雲助師匠を招いて湯島の古刹・麟祥院で猫の落語話を楽しむ「ねこ落語」や、猫もの作家約20組の物販ブースと陶器猫の絵付け&猫の刺繍ブローチのワークショップ、保護猫譲渡会などの内容盛りだくさんのイベント「ねこまつりフェス」など新企画も実施される。

イチオシの企画は「ねこ落語」

イチオシの企画は「ねこ落語」

イベントは事前予約ができるものもあるので気になる人はチェックしてみよう。

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る