2021年の紅葉見頃時期予想【北日本編】

2021年11月11日 16:59更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ウェザーニューズは11月10日、2021年の第3回紅葉見頃予想を発表した。北海道では今年の紅葉シーズンは既に終了。東北でもピークを迎えており、平野部でも見頃は11月中旬いっぱいまでの見込みだ。

2021年 全国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(11月10日現在)出典:ウェザーニューズ


【北海道】今年の紅葉見頃は終了

北海道ではほとんどの地点ですでに落葉を迎え、今年の紅葉シーズンを終えた。道南の名所・大沼公園でも落葉している。


【東北】見頃のピーク!紅葉シーズンは11月中旬いっぱい

2021年 東北の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(11月10日現在)出典:ウェザーニューズ

東北では既に標高の高い山から落葉が進み、紅葉シーズンは終盤。見頃の紅葉は11月中旬いっぱいとなりそうだ。

東北地方の主な紅葉名所では、磐梯吾妻スカイラインや山形蔵王、十和田湖湖畔(休屋周辺)ではすでに落葉。鳴子峡や厳美渓、田沢湖高原でも落葉が進んでいる。


上記の予想は今後の気温や天候により変わる場合があるので、おでかけの際は最新情報を確認しよう。同社のスマートフォンアプリ「ウェザーニュース」では、9月16日より全国の名所約800カ所の見頃予想日やスポット情報を公開中。紅葉狩りに出かける際はあわせてチェックしたい。


※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全17枚)

キーワード

ページ上部へ戻る