栃木のおすすめ紅葉スポット3選!迫力満点の滝や吊橋から紅葉散策

2020年10月22日 15:06更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9月も終わりに近づき、秋の気配が濃くなってきた。日本の秋の風物詩といえば紅葉だ。栃木県には、名瀑と紅葉のコントラストが美しい名所や高原から望む紅葉など、いくつもの紅葉スポットがある。今回はそのなかでも特におすすめの紅葉名所を、3カ所厳選してご紹介。

竜頭ノ滝/見頃:10月上旬~中旬

流れ落ちる名瀑と紅葉の情景が見事


滝つぼの付近が岩によって二分され、龍の頭に似ていることが名の由来。210メートルにわたって流れ落ちる滝を色鮮やかな紅葉が取り囲む絶景を観瀑台から望める。迫力満点の名瀑とダイナミックな紅葉のコラボは迫力満点。おすすめスポットは竜頭の橋。橋から中禅寺湖側を見ると、滝の上流の両側で色付いた紅葉が中禅寺湖まで続き見事だ。

■住所:栃木県日光市中宮祠 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

茶臼岳/見頃:9月下旬~10月上旬

茶臼岳山麓 姥ヶ平からの紅葉と茶臼岳


那須連山の主峰である茶臼岳。山腹にかかるロープウェイで9合目まで登り、そこから延びる登山道を進むと美しい山肌の紅葉を堪能できる。片道1時間程度の軽登山になるが、姥ヶ平の紅葉は必見。周りを覆う紅葉のパノラマは息をのむほど。

■住所:栃木県那須郡那須町湯本 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

那須塩原/見頃:10月下旬~11月中旬

名湯と紅葉をダブルで楽しめる


塩原には川沿いに泉質の異なる温泉が点在し、名湯として知られる。紅葉の名所でもあり、紅の吊橋の周辺は一面真っ赤に。渓谷の美しさも魅力だ。遊歩道が整備され、紅葉狩りには「回顧コース」や「やしおコース」の散策がおすすめだ。

■住所:栃木県那須塩原市箒川渓谷 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

カエデ、ウルシ、ナナカマド、ダケカンバなど多様な木々が色づく秋。豊かな自然とのコントラストが美しい栃木の紅葉を見に行こう。

※情報は秋Walker首都圏版2019より、2020年9月時点の最新情報に更新

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る