「真っ白」「リンゴまるごと」や「味噌」も!全国のバウムクーヘン30種類を食べ比べ!!

2019年10月28日 8:00更新

東海ウォーカー 植木麻友

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ドイツに起源を持つバウムクーヘンは、今年で日本に上陸して100周年。最近では人気バラエティー番組で取り上げられ話題にも!空前のバウムクーヘンブームを予期した東海ウォーカー編集部の学生ライターたちは、急いで全国各地から人気のバウムクーヘンを取り寄せ、食べ比べをすることに。この時はまだ、自分たちがバウムクーヘンの虜になることに気づいていなかったのである...。

全国各地からやって来た30種類のバウムを贅沢に食べ比べ!

全国各地からやって来た30種類のバウムを贅沢に食べ比べ!

すべての画像を見る(15件)

早速「いただきま~す!」まずは、プレーンタイプから

まずは、プレーン味のものをいくつかピックアップして食べ比べ。まず食べたのは「洋菓子工房年輪舎」(北海道)の「手焼きバウムクーヘン プレーン」。バターがコク深く、芳醇なラム酒の香りが鼻から抜ける。食感はしっとりタイプ。

ラム酒が香る「洋菓子工房年輪舎」の「手焼きバウムクーヘン プレーン」

ラム酒が香る「洋菓子工房年輪舎」の「手焼きバウムクーヘン プレーン」

続いて「Patissier Eiji Nitta(パティシエ エイジ・ニッタ)」(兵庫県)の「ミルクバーム」を食す。ミルク風味の生地は、上品な甘さでくどくない。最外層がアイシングでコーティングされており、外はカリッと、中はふわふわの食感だ。

「Patissier Eiji Nitta(パティシエ エイジ・ニッタ)」の「ミルクバーム」はミルク風味で上品な甘さ

「Patissier Eiji Nitta(パティシエ エイジ・ニッタ)」の「ミルクバーム」はミルク風味で上品な甘さ

「洋菓子店StellaLune(ステラリュヌ)」(奈良県)の「TAMバーム」は、卵の味の濃さが印象的だった。またその食感は、しっとりなめらかであるのに加えてジューシー。

“魂の生地職人”が作る「洋菓子店StellaLune(ステラリュヌ)」の「TAMバーム」

“魂の生地職人”が作る「洋菓子店StellaLune(ステラリュヌ)」の「TAMバーム」

「洋菓子きのとや」(北海道)の「きのとやバームクーヘン(S)」は、しっとりとした口当たり。生地自体の甘さは控えめだが、砂糖でコーティングされており、全体としてのバランスが良い。

「洋菓子きのとや」の「きのとやバームクーヘン(S)」はしっとりとした口当たりが特徴

「洋菓子きのとや」の「きのとやバームクーヘン(S)」はしっとりとした口当たりが特徴

まだまだ食べる。「バウムクーヘン専門店 cocoro」(埼玉県)の「心呂 リングバウム」は、農林水産大臣賞を受賞した卵を使用したバウムクーヘン。卵の甘味が優しく、ふわふわ食感で厚みがある。子どもから大人までみんなに愛される味わい。

分厚さと卵の優しい甘味が特徴の「バウムクーヘン専門店 cocoro」の「心呂 リングバウム」

分厚さと卵の優しい甘味が特徴の「バウムクーヘン専門店 cocoro」の「心呂 リングバウム」

創業以来40年変わらぬ手焼きの製法で作っているという「フランス菓子サンドール」(岐阜県)の「手焼きバームクーヘン」。食べると、華やかな香りが鼻を抜ける。しっかりとした食感と、なめらかな口どけを併せ持っているのが魅力。

しっかりとした生地でありながら口どけも良い「フランス菓子サンドール」の「手焼きバームクーヘン」

しっかりとした生地でありながら口どけも良い「フランス菓子サンドール」の「手焼きバームクーヘン」

ひとくちに「プレーン」と言っても、ここまで差があるのか...。バウムクーヘンのポテンシャルの高さは計り知れない。早くも心を掴まれてしまったぞ。

今回取り上げた6種類のプレーンバウムをグラフにすると、こんな感じ!

今回取り上げた6種類のプレーンバウムをグラフにすると、こんな感じ!

続いて、気になるバウムをピックアップ!

続いて、ライターたちが個人的に気になるバウムクーヘンをピックアップしてみた。どれも個性的で、そしてウマい!

「和の香珈琲 バウムクーヘン工房」(和歌山)の「白浜ばうむ」は、箱を開けてびっくり、真っ白なバウムクーヘンなのだ。その食感も特徴的で「究極のふわふわ」と言いたくなるほどやわらかい。

【写真を見る】真っ白なバウムクーヘン!「和の香珈琲 バームクーヘン工房」の「白浜ばうむ」

【写真を見る】真っ白なバウムクーヘン!「和の香珈琲 バームクーヘン工房」の「白浜ばうむ」

「あづみ野菓子工房 彩香」(長野県)の「りんごのバウムクーヘン」には、信州産完熟リンゴ「ふじ」のシロップ漬けがまるごとイン。バターの味が濃いしっとり生地と、甘酸っぱいリンゴが絶妙で、いくらでも食べられそう。

リンゴのシロップ漬けがまるごと入った「あづみ野菓子工房 彩香」の「りんごのバウムクーヘン」

リンゴのシロップ漬けがまるごと入った「あづみ野菓子工房 彩香」の「りんごのバウムクーヘン」

「雅正庵 byおやいづ製茶」(静岡県)の「静岡抹茶バウムクーヘンCHIYOの和」は、楽天市場の「グルメ大賞」バウムクーヘン部門で、2度大賞を受賞している実力派。味は、とにかく静岡抹茶の味が濃い!しかし雑味や渋味は一切なく、贅沢な茶葉の旨味を体感できる。

とにかくお茶の味が濃い!「雅正庵 byおやいづ製茶」の「静岡抹茶バウムクーヘンCHIYOの和」

とにかくお茶の味が濃い!「雅正庵 byおやいづ製茶」の「静岡抹茶バウムクーヘンCHIYOの和」

「KOTOnEYA」(群馬県)のバウムは、なんと味噌味!そんな「味噌soyバウム」は、芳醇なバターの香りに、ほんのり味噌の香ばしさが感じられて、意外にも食べやすい。食感はかなりのしっとり系で、口どけの良さと塩気が相まってどんどん食べ進められる。

味噌味のバウムクーヘン!?「KOTOnEYA」の「味噌soyバウム」

味噌味のバウムクーヘン!?「KOTOnEYA」の「味噌soyバウム」

「しあわせお菓子 ふらん・どーる」(石川県)の「和栗バウム」は、今の時期にぴったり。和栗風味でふわふわの生地に、和栗の甘露煮がたっぷり載っている。上品な見た目で贈り物にも良さそう。

バウムクーヘンでも秋の味覚を楽しもう!「しあわせお菓子 ふらん・どーる」の「和栗バウム」

バウムクーヘンでも秋の味覚を楽しもう!「しあわせお菓子 ふらん・どーる」の「和栗バウム」

まさかこの身近なスイーツがここまで多種多様で奥深いものだったとは...。ライター一同は、すっかりバウムクーヘンの虜になってしまった。

バウムクーヘンが食べたくなった人は...

以上の記事を読んで「あぁ、バウムクーヘンが食べたい...」なんて思った人に朗報。2019年11月6日(水)から11月11日(月)まで「松坂屋名古屋店」(名古屋市中区)で「バウムクーヘン博覧会」なるものが開催される!バウムクーヘン100周年を祝すこのイベントでは、今回紹介したバウムクーヘンはもちろん、全国各地の逸品が大集合する。食べ比べをして、お気に入りのバウムクーヘンを見つけよう!

■バウムクーヘン博覧会 / 期間:2019年11月6日(水)~11月11日(月) / 会場:松坂屋名古屋店 / 住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る