安くて早くて旨い!福岡・中洲川端駅エリアのおすすめ中華3選

2019年11月22日 11:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市・中洲川端駅エリアを中心に、個性豊かなおすすめ中華料理店を紹介。空腹にまかせてふと立ち寄るもよし、気になる店をねらって行くもよし!ランチからディナーまで、お気に入りの一店を見つけてみよう。

台湾仕込みの豚足とオリジナル創作料理「極上豚足 釘本食堂」


台湾の名店「富覇王」直伝の煮込み豚足が圧倒的な看板メニュー。そのほか、揚げ厚揚げ(320円)や中華風ナスのお浸し(420円)など、店主の釘本 健さんが考案したオリジナリティあふれる料理が並ぶ。

豚足(480円)は、定食(700円〜)のほかテイクアウト用の弁当(630円)もある / 極上豚足 釘本食堂


【写真を見る】豚軟骨の四川ソース 香菜添え(520円)は、骨まで柔らかい / 極上豚足 釘本食堂


豚足は、3時間半ほど煮込んで絶妙なタイミングで火を止める / 極上豚足 釘本食堂


お酒とはもちろん、ご飯とも相性がいい豚足を求めて昼夜を問わず客が押し寄せる / 極上豚足 釘本食堂


外観 / 極上豚足 釘本食堂


[極上豚足 釘本食堂]福岡市博多区店屋町6-29 / 092-291-2022 / 11:30〜21:30(LO21:00) / 日曜・祝日休み

創業から37年続く餃子の名店「手作り餃子の店 蘇州」


肉と魚をそれぞれあんに使う、2種の餃子が37年間愛されている。2代目店主の太田顕博さんが正月などにも食べていたという魚の餃子は、辛味スープ餃子(1004円)や揚げ餃子(842円)でも楽しめる。

魚のすり身を使った珍しい水餃子(魚、 8個842円) / 手作り餃子の店 蘇州


具材を包んで食べる揚げ鶏のネギ味噌薄皮包み(1944円) / 手作り餃子の店 蘇州


水餃子は、創業時から変わらず注文を受けてから茹でる / 手作り餃子の店 蘇州


移転して4年目。厨房は内装業者が驚くほど美しさを維持している / 手作り餃子の店 蘇州


外観 / 手作り餃子の店 蘇州


[手作り餃子の店 蘇州(そしゅう)]福岡市博多区店屋町5-5 ヴィバイン川端2F / 092-233-1024 / 17:00〜翌2:00(LO1:30)、日曜・祝日〜24:00(LO23:30) / 火曜休み

珍しい食材を使った魅惑の山東料理「山東料理 瑛琳」


安くて旨い、大衆的な店。滅多にお目にかかれない、羊肉や香辛料のフェンネルや使った水餃子をはじめ、山東省ならではの料理が自慢。日本では珍しい味を求めて、全国から客が訪れるほど人気だ。

オイスターソースで味をまとめた鶏肉のカシューナッツ 辛子炒め(650円) / 山東料理 瑛琳


水餃子(390円)はあっさり塩味でタレをつけずとも旨い / 山東料理 瑛琳


外観 / 山東料理 瑛琳


[山東料理 瑛琳(えいりん)]福岡市博多区店屋町2-22 店屋町ビル1F / 092-262-6668 / 11:30~14:00、17:30~22:30 / 日曜、祝日にあたる月曜休み

【料金の表記について】当記事に掲載している価格は、2019年9月時点の消費税8%込みのものです。消費税率の改定や店舗などの都合により、各種料金が変更されている場合があります。

九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

ページ上部へ戻る