横綱も登場!熊本県玉名市で「蓮華院誕生寺 奥之院大祭」開催

2019年11月1日 11:47更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

霊峰小岱山の中腹にたたずむ蓮華院誕生寺奥之院で、11月3日(日・祝)に大祭が開かれる。奥之院は昭和53年に開創され、重さ一万貫(37.5トン)の世界一の大梵鐘「飛龍の鐘」、大きさ日本一の五重塔、九州一背の高い仁王尊像などでも知られている。

蓮華院誕生寺の秋季大祭

蓮華院誕生寺の秋季大祭
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

大祭では、真言密教の秘法「紫燈大護摩祈祷」が行われ、厄払い、開運厄除け、商売繁盛、社運隆昌、家内安全、健康増進、病気平癒、交通安全、良縁成就、夫婦円満、子宝祈願、安産出生、学業成就、受験合格、就職成功、世界平和などを祈願することができる。

【写真を見る】真言密教の秘法「紫燈大護摩祈祷」で参拝者の開運厄除けなどを祈願する

【写真を見る】真言密教の秘法「紫燈大護摩祈祷」で参拝者の開運厄除けなどを祈願する写真は主催者提供

また、世界一の大梵鐘「飛龍の鐘」を撞いて祈願をする「大梵鐘祈願」のほか、奉納「飛龍旗小学生相撲大会」、横綱・白鵬関による「奉納土俵入り」、「詩碑除幕式」、「チャリティーバザー」、「門前市」が行われる。

一願成就、厄払いのお寺として年間30万人もの参拝客が訪れる、蓮華院誕生寺奥之院の大祭に参加して幸運を授かろう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る