肉の旨さをダイレクトに味わえる!鹿児島で行きたい黒豚しゃぶしゃぶの店3選

2019年12月23日 11:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鹿児島へ訪れたらぜひ味わいたいのが、黒豚を使った料理。トンカツなど様々な味わい方があるが、今回は肉の旨味をダイレクトに感じられる、黒豚のしゃぶしゃぶを提供する3店をご紹介!

スープが特徴の黒豚しゃぶしゃぶ「郷土料理・黒豚しゃぶ鍋・ぞうすい 八幡」

大根おろしと共に肉を食べる和ダシや、緑茶、塩、すき焼き風など8種類のダシから好みの2種類を選んでしゃぶしゃぶできるのがこの店の特徴。肉も黒豚・黒牛共に県産にこだわり、特に黒牛はA5ランクの上質な肉を厳選している。

郷土料理・黒豚しゃぶ鍋・ぞうすい 八幡 / 「黒豚しゃぶ鍋」(1人前2678円)(2人前~)。人気の「黒だし」(写真上)と「和だし」で黒豚のバラとロースをいただく

郷土料理・黒豚しゃぶ鍋・ぞうすい 八幡 / 「黒豚しゃぶ鍋」(1人前2678円)(2人前~)。人気の「黒だし」(写真上)と「和だし」で黒豚のバラとロースをいただく

すべての画像を見る(3件)

「黒豚しゃぶ鍋」(1人前2678円、2人前~)では、人気の「黒だし」と「和だし」で黒豚のバラとロースをいただく。「黒毛和牛しゃぶ肉」(単品3024円)もおすすめ。

[郷土料理・黒豚しゃぶ鍋・ぞうすい 八幡(はちまん)]鹿児島県鹿児島市中央町2-4 2階 / 099-813-0088 / 11:30~14:30、17:00~翌2:00、金曜・土曜・祝前日の夜は~翌3:00 / 不定休 

六白黒豚ならではの脂がのった肉をカツオダシベースのスープが引き立てる「天文館 吾愛人 本店」

創業75年の郷土料理の老舗では、特にファンからの支持が厚いしゃぶしゃぶがおすすめ。カツオダシのスープにくぐらせるだけで、バラもロースも六白黒豚のもつ旨味、脂身の甘味が引き立ち、つけダレいらずで食べられる。

【写真を見る】天文館 吾愛人 本店 / 「特選六白黒豚しゃぶ鍋」(1人前3780円、2人前~※写真は2人前)。肉は中央がバラ、周りがロース

【写真を見る】天文館 吾愛人 本店 / 「特選六白黒豚しゃぶ鍋」(1人前3780円、2人前~※写真は2人前)。肉は中央がバラ、周りがロース

「特選六白黒豚しゃぶ鍋」(1人前3780円)、2人前~)は、肉は中央がバラ、周りがロース。一度も冷凍保存していない六白黒豚をと、新鮮な野菜を堪能しよう。

[天文館 吾愛人(わかな) 本店]鹿児島県鹿児島市東千石町9-14 / 099-222-5559 / 17:15~22:15(LO)、日曜~22:00(LO) / 12月31日、1月1日休み

鹿児島のブランド豚六白黒豚を豊富なメニューで味わえる「かごしま黒豚 六白亭」

歯切れのよさと柔らかさが特徴の六白黒豚を、桜島溶岩焼きやミルフィーユかつなどバラエティに富む料理として手ごろな価格で味わえる。また焼酎利き酒師が選ぶ芋焼酎約400種類もあり、黒豚料理や郷土料理と共に楽しみたい。

かごしま黒豚 六白亭 / 「黒豚しゃぶしゃぶ」(2354円)

かごしま黒豚 六白亭 / 「黒豚しゃぶしゃぶ」(2354円)

「黒豚しゃぶしゃぶ」(2354円)は、和食の職人が仕立てるダシにくぐらせて食べる。締めには旨味たっぷりのダシをスープにした熟成ラーメンも。

[かごしま黒豚 六白亭(ろっぱくてい)]鹿児島県鹿児島市西田2-12-34 ホテルユニオン1階 / 099-251-9008 / 11:30~14:00(LO)、17:30~22:00(LO) / 12月31日、1月1日休み 

【料金の表記について】当記事に掲載している価格は、2019年9月時点の消費税8%込みのものです。消費税率の改定や店舗などの都合により、各種料金が変更されている場合があります。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る