<2019年九州の紅葉名所>福岡で11月上旬~11月下旬が見頃の紅葉情報まとめ

2019年11月8日 9:00更新

九州ウォーカー 大園大輔

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

例年11月上旬~11月下旬頃が見頃になる福岡県の紅葉スポットを一挙に紹介。秋を感じに出かけてみよう!

鮮やかに色づいたイチョウが迎える市のシンボル的公園「勝山公園」

鮮やかに色づいたイチョウが迎える市のシンボル的公園 / 勝山公園

鮮やかに色づいたイチョウが迎える市のシンボル的公園 / 勝山公園(C)北九州市 時と風の博物館

勝山公園は本市のシンボル公園で、「小倉城」と中心に「小倉城庭園」や「松本清張記念館」、「中央図書館」といった観光・文化施設がある。園内の紅葉の見所は小倉城天守閣周辺で、イチョウやハゼノキが鮮やかに色づき訪れる人を魅了する。小倉城の周囲を彩るケヤキも風格があり見事だ。また、市役所庁舎の展望室からは公園の紅葉を見渡すことができる。

[紅葉情報]例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の紅葉見頃:11月上旬~11月下旬 / 紅葉祭り:2019年11月1日(金)~11月17日(日)小倉城菊花展[問合せ先:小倉城(093-561-1210)]/ 紅葉する木の種類:イチョウ、ケヤキなど /

[勝山公園]福岡県北九州市小倉北区城内2-1 / 093-582-2789 (建設局みどり・公園整備課)

奥八女に広がる紅葉風景「日向神峡」

【写真を見る】奥八女に広がる紅葉風景 / 日向神峡

【写真を見る】奥八女に広がる紅葉風景 / 日向神峡画像提供:八女市矢部村

日向神峡は矢部川上流の日向神ダムの湖畔にあり、太古の昔、天馬が蹴って出て来たという伝説が残る蹴洞岩(ケホギイワ)や、パワースポットとして知られる日本一大きいハート岩が有名。また、10kmほど奥にある杣(ソマ)の里渓流公園周辺でも紅葉が美しく、福岡県で1番高い釈迦岳の紅葉が楽しめる。

■見どころ:11月第3土・日は八女矢部まつりを開催。矢部の特産品の直売をはじめ、「餅まき大会」や「コケッコ競鶏レース」などが盛りだくさん(詳細はHP参照)

[紅葉情報]例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の紅葉見頃:10月下旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類: カエデ、モミジ

[日向神峡]福岡県八女市矢部村日向神地区 / 0943-24-9143(八女市矢部支所 建設経済課 8:30~17:15)

雷山の秋を彩る樹齢400年の大楓「雷山千如寺大悲王院」

雷山の秋を彩る樹齢400年の大楓 / 雷山千如寺大悲王院

雷山の秋を彩る樹齢400年の大楓 / 雷山千如寺大悲王院
画像提供:糸島市商工観光課

すべての画像を見る(6件)

雷山中腹に位置し、約1300年の歴史を誇る由緒ある寺院。境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大楓があり、紅葉の名所としても有名。また、室町時代作庭の心字庭園では、200本以上のモミジが色づく様子も楽しめる。国の重要指定文化財「木造千手観音立像」や「木造清賀上人坐像」、福岡県の指定文化財「木造多聞天像」「木造持国天像」などが安置されており、合わせて拝観できる。

■見どころ:散りかけの時期もおすすめ。地面にじゅうたんのごとく落ち葉が敷き詰められ、地面が真っ赤に染まる。

[紅葉情報]例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の紅葉見頃:11月上旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類:カエデ、イチョウ / 時間:9:00~16:30 / 料金:拝観料400円(本尊など堂内拝観料、入山料含む)、入山料100円(11月の紅葉見学)

[雷山千如寺大悲王院]福岡県糸島市雷山626 / 092-323-3547(雷山千如寺大悲王院)

鮮やかな木々に囲まれた縦走路を歩く「三郡山」

鮮やかな木々に囲まれた縦走路を歩く / 三郡山

鮮やかな木々に囲まれた縦走路を歩く / 三郡山画像提供:宇美町

三郡山の麓、標高300mにある昭和の森は福岡県森林浴100選に選ばれており、11月上旬からモミジが色づき始める。山頂には一本松公園から約1時間半から2時間程でたどり着く。縦走路をゆっくり散策しながら鮮やかな木々を眺めることができる。

■見どころ:落ち葉のじゅうたんや眼前に広がる美しい紅葉を眺めながら、散策を楽しめるので、山歩きにはぴったりだ。

[紅葉情報]例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の紅葉見頃:11月上旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類:モミジ、カエデ類、ハゼ、ヌルデ、コバノミツバツツジ、シラキ、コナラ、ブナ、アカメガシワ、アオハダ、コシアブラ、タカノツメ / おすすめスポット:一本松池周辺のヤマボウシの紅葉、草ヶ谷ダム周辺、縦走路、縦走路からの難所ヶ滝へのコース

[三郡山]福岡県糟屋郡宇美町宇美 / 092-934-2370(宇美町役場まちづくり課)

多種多様の木々が境内や参道を真っ赤に染める「呑山観音寺」

多種多様の木々が境内や参道を真っ赤に染める / 呑山観音寺

多種多様の木々が境内や参道を真っ赤に染める / 呑山観音寺画像提供:篠栗町役場

昔からのみやまさんの愛称で親しまれる高野山真言宗の別格本山。心願成就を祈願するため多くの人々が参拝に訪れる。10月頃からモミジ、ドウダンツツジの他、ヤマザクラやハゼ、コナラなど境内や参道の多種多様の木々が紅葉し始め、11月に見頃を迎える。11月10日(日)には紅葉まつりが開催され、多くの人でにぎわう。

■見どころ:本堂へ向かう道中の階段の周囲を深紅のモミジが彩る様子が美しい。

[紅葉情報]例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の紅葉見頃:11月上旬~12月上旬 / 紅葉祭り:2019年10月28日(月)~11月23日(祝) 6:00~17:00 紅葉まつり[問合せ先:呑山観音寺(092-947-4423)]/ 紅葉する木の種類:モミジ、ヤマザクラ、ドウダンツツジ、ハゼ、ケヤキ、コナラ / おすすめスポット:天王院紅葉の参道、百観音堂周辺

[呑山観音寺]福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4 / 092-947-4423(呑山観音寺 9:00~17:00)、092-947-6384(呑山観音寺 17時以降)

日本屈指の霊山で紅葉と神々に癒やされる「英彦山」

日本屈指の霊山で紅葉と神々に癒される / 英彦山

日本屈指の霊山で紅葉と神々に癒される / 英彦山画像提供:添田町役場

福岡と大分にまたがる英彦山は、古くから修験場として栄えた日本屈指の霊山。例年、10月中旬から11月中旬にかけて山頂付近からモミジやカエデなどが色付き始め、麓に行くほど遅れるため長い期間楽しめる。山頂からは雄大な展望が望め、眼下に広がる紅葉を眺めることができる。

■見どころ:園内にある国指定名勝に指定されている旧亀石坊庭園は、雪舟の作庭と伝えられ、広さ699平方メートルの池泉観賞式の庭園が魅力だ。

[紅葉情報]例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の紅葉見頃:11月上旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類:モミジ、カエデ、イチョウ / おすすめスポット:花見ヶ岩、表参道付近

[英彦山]福岡県田川郡添田町大字英彦山 / 0947-82-1236(添田町役場 まちづくり課 観光振興係)

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る