幻想的な世界観を楽しめる全国のイルミネーション電球数ランキング

2019年11月18日 12:07更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

年々盛り上がりを見せる冬の風物詩、イルミネーション。今や、全国各地で開催されているイルミネーションですが、全国各地でも壮大な規模でイルミネーションを楽しめるスポットはどこなのか。今回は、数あるイルミネーションスポットの中から全国のイルミネーションスポットを、電球数順にランキング形式でご紹介。早速チェック!(※電球数は2019年11月6日時点、ウォーカープラス調べの内容を記載しています。電球数非公開のスポットは除外しています)

1位 ハウステンボス(長崎県・佐世保市) 電球数1300万


世界最大の1300万球が異世界のような雰囲気を作り出す(C)ハウステンボス/J-19207


電球数1位は、長崎県佐世保市にあるテーマパークハウステンボスにて、2020年5月6日(水)まで開催予定の「ハウステンボス 光の王国」。その電球数は世界最大となる1300万球。2位以下に大きく差をつけ、電球数ランキング1位をマークした。今年の見どころ、真っ白な光がチャペルを包み込む「白銀の世界」が、雪景色を思わせる“幸せな未来を願う場所”として、訪れた人たちをロマンチックな雰囲気で包み込む。

住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 開催期間:2019年10月5日(土)~2020年5月6日(水)※休園日あり 開催時間:日没~営業終了 ※開催日によって異なる

2位 よみうりランド(東京都・稲城市) 電球数650万


【写真】2位以下は接戦!?煌びやかな世界観を楽しめる全国のイルミスポットをチェック(C)MOTOKO ISHII LIGHTING DESIGN


東京稲城市にあるテーマパークよみうりランドにて、2020年5月6日(水)まで開催予定の「よみうりランド ジュエルミネーション~ジュエリー・オリンポス~」。毎年冬に開催されているジュエルミネーション。10周年を迎えた今年は12の新エリアが誕生し、過去最多の650万球のLEDを使用するなどと規模感がパワーアップ。また、噴水ショーやジェットコースター、夜限定のソリ遊び、アイススケートなどのアクティビティも豊富なため、幅広い層が楽しめる。

住所:東京都稲城市矢野口4015-1 開催期間:2019年10月24日(木)~2020年5月6日(水)※休園日あり 開催時間:16時~20時30分、16時~21時、16時~20時 ※開催日によって異なる

3位 伊豆ぐらんぱる公園 (静岡県・伊東市) 電球数600万


伊豆高原いっぱいに広がる壮大なスケールのイルミネーションが楽しめる画像提供:伊豆ぐらんぱる公園


2020年8月31日(月)まで開催予定の「体験型イルミネーション“伊豆高原グランイルミ~5thシーズン~“」。2019年は、例年にも増してナイトアトラクションやスポットが充実。ライトアップされた実物大の恐竜たちが出現したり、イルミネーションの上を自らが光りながら滑走するアクティビティ「ジップライン~流星RYUSEI~」が楽しめたり、夜行性動物とふれあい体験ができたりと満足度の高い内容になっている。

住所:静岡県伊東市富戸1090 開催期間:2019年10月19日(土)~2020年8月31日(月)※休園日あり 開催時間:※営業時間は時期により変動あり

3位 さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト(神奈川県・相模原市) 電球数600万


毎年人気の虹のリフトは、ぜひ体験してほしい画像提供:さがみ湖プレジャーフォレスト


2020年4月5日(日)まで、関東三大イルミネーションの一つとしても知られる「さがみ湖イルミリオン」が開催。敷地内全域にイルミ装飾が施され、今年は、熱気球に乗って上空約15メートルの高さからイルミネーションを見下ろせるほか、人気アニメ『マクロス』とコラボしたイベント『マクロス イルミネーションLIVE!!!!!! in さがみ湖イルミリオン』が2020年1月7日(火)まで開催中。

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634 開催期間:2020年4月5日(日)まで 開催時間:16時~21時(11/5~12/20の平日、1/6~1/10、1/14~4/5)、16時~21時30分(11/2~1/13の土日祝日、12/21~1/5)

4位 御殿場高原 時之栖 (静岡県・御殿場市) 電球数550万


壮大な宇宙をイメージした世界観が敷地全体に広がる画像提供:御殿場高原 時之栖


2020年3月15日(日)まで御殿場高原で開催される「時之栖イルミネーション 2019-2020“ひかりのすみか”」。今年は、新しい時代への思いも込めた「希望~光の彼方へ~」をテーマに、壮大な宇宙・銀河・星空をイメージした世界が敷地全体に広がっており、中でもヒカリの閃光「スーパーサーチライト」が時之栖の上空を照らす光景に魅了する。また、最高到達点日本一の高さ150mを誇る噴水ショー会場「王宮の丘」にできた新スポット「LIGHT OF MAGIC WONDER CIRCUS」は大人から子どもまで楽しめる体感型総合芸術作品であるため、ぜひ体感してほしい。

住所:静岡県御殿場市神山719 開催期間:2019年10月26日(土)~2020年3月15日(日)※強風時は噴水ショーのみ中止の場合あり 開催時間:16時30分~22時 ※季節により異なる

5位 あしかがフラワーパーク(栃木県・足利市) 電球数500万


花びらの細部にまでこだわったイルミネーション画像提供:あしかがフラワーパーク


2020年2月6日まで開催予定のあしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」。光の花の庭をコンセプトに5000本の「光のバラ」や、4色の藤をイメージした「光の藤」、水辺に輝く2000輪の「光の睡蓮」が幻想的な風景を演出している。神秘的な大藤棚を再現した「奇蹟の大藤」は、花を専門とするスタッフが花びらの細部までをこだわっているとのことで、その繊細さが見どころだ。

住所:栃木県足利市迫間町607 開催期間:2019年10月26日(土)~2020年2月6日(木) 開催時間:16時30分~21時 ※土・日・祝は21時30分まで

6位 東武動物公園(埼玉県・南埼玉郡) 電球数300万


大迫力のイルミネーションショーは圧巻画像提供:東武動物公園


東武動物公園にて2020年2月11日(火)まで楽しめる「ウィンターイルミネーション 2019-2020」。今年は、約300万球のLEDと音楽と光の演出できらびやかな世界が演出されており、そこにレーザーも加わった大迫力のイルミネーションショーを楽しめる。その他、アーティストとのコラボレーションスポットも登場。11月30日(土)からは劇場型プロジェクションマッピングも開催する。

住所:埼玉県南埼玉郡宮代町大字須賀110 開催期間:2019年10月26日(土)~2020年2月11日(火) 開催時間:17時~20時※12月24日(火)・25日(水)は17時~21時

6位 ネスタリゾート神戸 (兵庫県・三木市) 電球数300万


LED電球100万個を使った光のトンネル「Wonder Tunnel」から広がる世界を楽しんで画像提供:ネスタリゾート神戸


同じく電球数300万球のネスタリゾート神戸では、1年を通して「NESTA ILLUMINA (ネスタ イルミナ)~光のさんぽみち~」を楽しめる。虹色に輝く入口「DANCING WALL」がお出迎えし、フルカラーLED電球を約100万個を使った光のトンネル「Wonder Tunnel」をくぐり抜けると、各エリアへと通じており、そこからはエリアごとにさまざまな演出を楽しめる。LEDメガビジョンとウォータースクリーン プロジェクションなどを使った日本初の複合演出スペクタクルショー「イグアスの伝説」は大人も圧倒される感動の仕上がりとなっている。

住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60 開催期間:通年開催※終了日未定 開催時間: 18時~22時

7位 レオマリゾート (香川県・丸亀市) 電球数250万


レオマリゾート『レオマ光ワールド』


2018年度日本夜景遺産認定、全国イルミネーションアワード第4位の「レオマ光ワールド」。2019年はレオマ史上初の新感覚エンターテイメントショーが誕生する。3Dプロジェクションマッピング×ツリー×イルミネーション×ダンスショー「Wishing-聖なる願い-」が新登場。中四国最大級 22メートルの新ツリーでは毎日17時15分から「イルミ点灯式」も開催。大迫力の「レジェンド オブ 花火ファンタジア(日にち限定)」も必見。その他、奇跡のオーロラショーや光のパレード、テーマパークならではの大観覧車などで楽しむ「絶ビュー5大ライドアトラクション」や冬限定グルメもおすすめだ。

住所:香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1 開催期間:11月2日(土)~2020年3月1日(日)※12月31日(火)はカウントダウンイベントあり 開催時間:17時15分~21時

8位 東南植物楽園(沖縄県・沖縄市) 電球数180万


沖縄県内でも人気のイルミネーションスポット画像提供:東南植物楽園


沖縄県内からも人気のイルミネーションスポット東南植物楽園では、植物園ならではの温かみのあるイルミ「ひかりの散歩道2019」を2020年4月5日(日)まで楽しむことができる。2019年は、昨年の約3倍、180万球の輝きが園内の木々や遊歩道を幻想的にライトアップ。光のトンネルやツリーハウス、光の絨毯など、エリアによって異なるイルミネーションのコンセプトが楽しめる。また、イルミ散策とディナーが付いたプランも用意。テラス席からキラキラと輝く湖や幻想的な風景とシェフ自慢の料理を堪能して。

住所:沖縄県沖縄市知花2146 開催期間:2019年11月23日(土)~2020年4月5日(日)※休園日あり 開催時間:17時~22時

9位 ときわ公園 (山口県・宇部市) 電球数150万


園内のさまざまな場所がまばゆい光で彩られる※画像は2018年の様子。画像提供:宇部市 ときわ公園


ときわ公園にて、2020年1月13日(月)まで開催される「TOKIWAファンタジア2019」。2019年は、150万球の光がときわ公園の冬を彩り、幻想的な光の世界を楽しめる。また、2018年に好評を得た光と音楽によるイルミネーションショーや、企業や学校などがオリジナリティあふれる作品を出展するイルミネーションコンテストなども実施。期間中は遊園地の一部アトラクション夜間営業や温かいフード、ドリンクが楽しめるクリスマスカフェも登場する。

住所:山口県宇部市則貞3-4-1 開催期間:2019年11月30日(土)~2020年1月13日(月)※休園日あり 開催時間:17時30分~21時30分

10位 東武ワールドスクウェア(栃木県・日光市) 電球数140万


世界中の観光地がライトアップ画像提供:東武ワールドスクウェア


2020年3月29日(日)まで開催予定の「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」では、約140万球もの電球を使用。25分の1で再現された世界の有名建築物102点がイルミネーションとなり、幻想的で華やかな世界が楽しめる。2019年のイルミネーションでは、同年7月に登場し、今回が初のライトアップになるタイのワット・アルンに注目だ。

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1 開催期間:2019年11月9日(土)~2020年3月29日(日) 開催時間:16時30分~19時30分※土・日・祝16時30分~20時 ※開催期間によって異なる

10位 沖縄こどもの国 (沖縄県・沖縄市) 電球数140万


園内は140万球のイルミネーションで彩られる画像提供:沖縄こどもの国


同じく140万球のイルミネーションが輝くのは、沖縄こどもの国で毎年恒例の年末イベント。今年は2019年は12月21日(土)から30日(月)までは「クリスマスファンタジー」、1月2日(木)から5日(日)は「雪と光の冬物語」が開催。さらに12月31日(月)は、アーティストのライブと迫力の花火で新年を迎える年末カウントダウンを実施される。

住所:沖縄県沖縄市胡屋5-7-1 開催期間:22019年12月21日(土)~2020年1月5日(日)※休園日あり 開催時間:16時30分~21時30分 ※開催日によって異なる

於ありさ

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

ページ上部へ戻る