「将棋日本シリーズJTプロ公式戦/テーブルマークこども大会」東京大会が開催! チビッコもプロも将棋駒を見つめる真剣な眼差しは一緒!!

2019年11月27日 20:41更新

東京ウォーカー 北村康行

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

秋晴れと天候に恵まれた2019年11月17日、千葉県・幕張メッセ 国際展示場1〜3ホールで、「JTプロ公式戦」と「テーブルマークこども大会」が同時に実施される「将棋日本シリーズ」が開催された。

将棋日本シリーズ覇者に贈られるJT杯(中央)とテーブルマーク杯(左右)

将棋日本シリーズ覇者に贈られるJT杯(中央)とテーブルマーク杯(左右)
撮影=北村康行

すべての画像を見る(15件)

プロ棋士さながらチビッコによる真剣勝負!

一躍人気者となった藤井聡太七段も、過去に優勝経験を持つ「テーブルマークこども大会」。2494名の小学生が参加し熱戦が繰り広げられた。

約2500人ものチビッコで埋め尽くされた会場は熱気でムンムン

約2500人ものチビッコで埋め尽くされた会場は熱気でムンムン撮影=北村康行

午前中からブロック対局が行われ、3局対戦し3勝者がトーナメント戦に進出。低学年部門と高学年部門の決勝進出者が決定した。トーナメントを勝ち抜いた低学年部門の近藤啓介くん(世田谷区・3年生)と祝井千空くん(府中市・1年生)、高学年部門の北原優くん(船橋市・5年生)と高井柊輔くん(川口市・6年生)は羽織袴に身を包み、決勝戦の舞台でそれぞれ対局。結果、接戦を制した近藤啓介くん(世田谷区・3年生)と北原優くん(船橋市・5年生)が、各部門のこどもテーブルマーク杯を手にした。

プロの試合と同じように大盤解説も行われ、緊張感もひしひしと伝わった

プロの試合と同じように大盤解説も行われ、緊張感もひしひしと伝わった撮影=北村康行

近藤啓介くん(先手・左)と祝井千空くん(後手・右)の低学年部門決勝戦は、119手で近藤くんが制した

近藤啓介くん(先手・左)と祝井千空くん(後手・右)の低学年部門決勝戦は、119手で近藤くんが制した撮影=北村康行

北原優くん(先手・左)と高井柊輔くん(後手・右)の高学年部門決勝戦は、109手で北原くんが制した

北原優くん(先手・左)と高井柊輔くん(後手・右)の高学年部門決勝戦は、109手で北原くんが制した撮影=北村康行

約2500人の中から決勝戦の舞台までたどり着いた選ばれし4人。キリッと凛々しい表情が印象的

約2500人の中から決勝戦の舞台までたどり着いた選ばれし4人。キリッと凛々しい表情が印象的撮影=北村康行

チビッコたちにとって、日本の伝統文化である将棋を通じて、勝負の厳しさだけでなく礼節を学ぶ良い機会となった今大会。勝負に対する真剣なチビッコの目や、我が子を優しく見守る大人の目など、さまざまなドラマが生まれ、ほっこりした会場全体の雰囲気が印象的だった。

チビッコ棋士の中には、女の子の姿もちらほら。目指すは女流棋士!

チビッコ棋士の中には、女の子の姿もちらほら。目指すは女流棋士!撮影=北村康行

トーナメントに敗れても、学年・年齢問わず自由対局で勝負。対局数と勝利数に応じてスタンプを集めると、駒型消しゴムがもらえた

トーナメントに敗れても、学年・年齢問わず自由対局で勝負。対局数と勝利数に応じてスタンプを集めると、駒型消しゴムがもらえた撮影=北村康行

スタンプを集めるともらえた、オリジナルの駒型消しゴム

スタンプを集めるともらえた、オリジナルの駒型消しゴム撮影=北村康行

渡辺JT杯覇者の連覇なるか!? 「JTプロ公式戦」決勝

そして、1000人を超える将棋ファンが、固唾を飲みながら栄冠の行方を見守る「JTプロ公式戦」決勝がいよいよ開幕。6月22日から、約5カ月にわたり行われてきたトーナメントを勝ち抜き、決勝の舞台まで登り詰めた渡辺明JT杯覇者と広瀬章人竜王が、拍手に迎えられステージに登場した。

これまでの両者の対戦成績は、過去23戦して渡辺JT杯覇者の12勝11敗とほぼ互角。接戦が予想される中、棋士の息づかいも感じられる真剣勝負の対局が行われた。ピンと緊張が張り詰めた雰囲気の中、チビッコたちは「飛車!」とか「そっちか!」など、ひそひそ話を繰り広げ、まるでプロ棋士と一体となっているよう。そして一進一退の勝負は90手で決着。先手の攻めを見切った後手渡辺JT杯覇者が、連覇を飾り再びJT杯を手にした。

角換わりを避けて、相居飛車の力戦に誘導した渡辺JT杯覇者

角換わりを避けて、相居飛車の力戦に誘導した渡辺JT杯覇者撮影=北村康行

3年ぶりの出場となった広瀬竜王(左)は、のちに「指しすぎだった」と対局を振り返った

3年ぶりの出場となった広瀬竜王(左)は、のちに「指しすぎだった」と対局を振り返った撮影=北村康行

「62手目2三玉と上がって優勢を自覚しました」と、ターニングポイントを語った渡辺JT杯覇者

「62手目2三玉と上がって優勢を自覚しました」と、ターニングポイントを語った渡辺JT杯覇者撮影=北村康行

対局後は、対局の流れや勝負を分けたポイントを解説する、感想戦が行われた

対局後は、対局の流れや勝負を分けたポイントを解説する、感想戦が行われた撮影=北村康行

「後手番になったので、ちょっと力戦っぽい展開にしました」と渡辺JT杯覇者。「連覇することができましたが、JT杯40回の歴史の中で三連覇は郷田九段しかいないんですよね。来年はそれを目標に頑張りたいですね」と次回の目標を掲げた。

そして、最後は連覇を見届けたファンを、渡辺JT杯覇者がハイタッチでお見送り。「おめでとうございます!」「次も頑張ってください!」などと、長い列を作ったファンから祝福や応援の言葉がかけられ、渡辺JT杯覇者の表情も自然とにこやかに。対局中には見られなかった笑顔が、ハイタッチ交流したファンへの贈り物にもなったはず。

キラッと輝くJT杯を掲げた渡辺JT杯覇者。その目は早くも次戦を見据えていた

キラッと輝くJT杯を掲げた渡辺JT杯覇者。その目は早くも次戦を見据えていた撮影=北村康行

最後は笑顔でファンをお見送り。ファンにとっては、プロ棋士と触れ合える貴重な機会となった

最後は笑顔でファンをお見送り。ファンにとっては、プロ棋士と触れ合える貴重な機会となった撮影=北村康行

こうして、数少ないプロ棋士の対局を生で観戦できる、特別な1日「将棋日本シリーズ」は幕を閉じた。興味がある人は、渡辺JT杯覇者の三連覇がかかる、来年の大会に行ってみよう!

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る