温かくて滑りにくい新作ハイキングシューズで真冬の外出が楽しくなる!

2019年12月11日 07:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

世界160ヵ国で愛され続けるアメリカ発祥のアウトドアブランド「MERRELL(メレル)」。同ブランドの数あるアイテムの中でも不動の人気を誇る「MOAB FST 2(モアブ エフエスティー 2)」シリーズから、冬用ハイキングシューズ「MOAB FST 2 ICE+ THERMO(モアブ エフエスティー 2 アイスプラス サーモ)」が発売。

左の2足がWOMENS、右の2足がMENS。全て2万4000円(税抜)
すべての画像を見る(10件)

「MOAB FST 2」シリーズは、軽量でフィット感に優れた履き心地が最大の魅力。また、一般的な登山靴と比べて柔軟性のあるソールや抜群のグリップ力を持っている点も、ハイキングシューズならではの特徴だ。そして今回発売された「MOAB FST 2 ICE+ THERMO」は、濡れた氷上でも驚異的なグリップ力を発揮する「VIBRAM ARCTIC GRIP(ヴィブラム アークティック グリップ)」というアウトソールを搭載したウィンターモデルなのである。

【写真】複雑なパターンが美しいアウトソール、凍った路面や雪道も強力にグリップ 

巻きあがったカカトなど、歩きやすさもしっかりと考慮されている

黄色い「VIBRAM(ヴィブラム)」社のロゴが光る

甲の部分には特殊加工が施されたメッシュ素材が使われており、通気性だけでなく優れた耐久性も実現。その中の綿には同ブランドが独自開発した保温素材「M SELECT WARM(エム セレクト ウォーム)」と、極寒の山でも高い保温性を持つ「Conductor Fleece(コンダクター フリース)」が使用されている。

履き口の内側にある「M SELECT WARM(エム セレクト ウォーム)」のタブ

高い保温性や通気性に加えてスリップする心配も軽減されるため、普段の道が悪路に変わる冬のお出かけには最適な一足だろう。またスーツに合わせても違和感のないシックなデザインなので、雪の日の通勤にも重宝するはず。タウンユースでもチェックしたいモデルだ。

 

■MERRELL(メレル)とは 
1981年に、カスタムメイドのカウボーイブーツ職人ランディ・メレルが職人としての腕を試すため、ハイキングブーツを作ったことからブランドの歴史が始まる。創業から常にこれまでにない「新しさ」を追求し続け、ハイキングブーツやトレイルランニングシューズ、スポーツサンダルといった、アウトドアからライフスタイルまで多彩にシューズを展開。世界中のバックパッカーから定評のある「MOAB」シリーズや、1998年の登場以来累計販売1700万足を超える「JUNGLE MOC」シリーズや、街中でもアウトドアシーンでも対応する「カメレオン」シリーズが代表作。
高橋良祐

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る