フォースの力で太陽の塔がライトアップ⁉︎ 大阪で『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開カウントダウンイベント

2019年12月20日 22:36更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から始まった42年にも及ぶシリーズの完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)よりいよいよ公開。それに先駆け19日(木)の18時30分より全国5大都市にて最速前夜祭上映が行われ、同時刻に万博記念公園の太陽の塔を「スター・ウォーズ」のシンボルカラーでライトアップするカウントダウンイベントが開催、多くのファンが駆けつけた。

太陽の塔が「スター・ウォーズ」カラーに!
すべての画像を見る(4件)

ライトアップが行われたのは日本の代表的な5大モニュメント。北海道のさっぽろテレビ塔、東京の東京タワー、愛知の名古屋城、福岡の福岡タワーそして大阪では万博記念公園の太陽の塔で行われた。そんな万博記念公園エリアにはIMAXシアターを備えた109シネマズエキスポシティがあり「スター・ウォーズ」の新作が公開されるたびに数多くのファンが来場することでも知られている。現在イルミナイト万博2019が開催されており29 日(日)まで万博記念公園駅の装飾をはじめ、エリア全体が「スター・ウォーズ」一色という状態の万博記念公園。その盛り上がりの中でのライティングが決定した。

【写真を見る】『スター・ウォーズ /スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)より公開(c)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

タトゥイーンで2つの太陽を見つめる若きルーク・スカイウォーカーが印象的な『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。そんな太陽がシンボルである太陽の塔を『光と闇の戦い』としてせめぎ合う『青』、『赤』色にライトアップする本イベント。18時30分の点灯式の瞬間を一目見ようと200人ものファンが駆けつけ、カウントダウン前に「スター・ウォーズ」のメインテーマが流れいよいよ開始という空気になる。10秒前からカウントダウンが行われMCの「May the Force!」に続いて、ファンからの「Be with you!」の掛け声でライティングがスタート。太陽の塔が「スター・ウォーズ」カラーに輝くと大きな歓声が湧き上がり、参加した子どもたちも持参したライトセーバーを振ってイベントを楽しんだ。

新たなドロイドの活躍にも期待(c)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

万博記念公園・太陽の塔での「スター・ウォーズ」ライティングは22日(日)まで。18時00分から点灯が行われ最終点灯が20時30分で毎時00分、30分に点灯が行われる。

完結編である『スター・ウォーズ /スカイウォーカーの夜明け』を劇場で見届けよう(c)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

桜井賢太郎

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る