編集部オススメ!野毛呑み【後編】

2019年12月29日 18:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

肉がおいしいビストロや海鮮が自慢の店など個性あふれる店が並ぶ野毛。その中でも横浜ウォーカー編集部がオススメするお店をご紹介!

ホテル出身店主による「旦那 五郎次」

ジビエ料理がイチオシ「旦那 五郎次」

ジビエ料理がイチオシ「旦那 五郎次」

すべての画像を見る(10件)

モダンな店内はカウンター中心

モダンな店内はカウンター中心

『横浜ロイヤルパークホテル』の元料理長による、鉄板で焼く料理や小皿料理が500円~楽しめる。料理は素材が命と、横浜野菜や伊豆・天城直送のシカ肉などを吟味。オーナーシェフが作る料理はどれも滋味豊か。約50種のワインや静岡の日本酒と一緒に。

「伊豆天城イノシシの鉄板焼き 山わさびソース」(2,100円)は臭みもなく、食べると旨味の波が広がる

「伊豆天城イノシシの鉄板焼き 山わさびソース」(2,100円)は臭みもなく、食べると旨味の波が広がる

「煮卵のイクラウニのせ」(650円)は、秘伝のタレで煮た卵に金箔などをのせ豪華に

「煮卵のイクラウニのせ」(650円)は、秘伝のタレで煮た卵に金箔などをのせ豪華に

■グリルワイン&酒 旦那 五郎次(だんな ごろうじ) 住所:神奈川県横浜市中区野毛町1-5 電話:045-877-4681 時間:17:30~24:00(LO23:30) 休み:火曜 席数:17席 ※禁煙 駐車場:なし アクセス:JR線桜木町駅西口より徒歩4分、横浜市営地下鉄桜木町駅南2Bより徒歩3分

日本最初の焼餃子をつまみにお酒を楽しむ

大きな「萬里」の文字が目印

大きな「萬里」の文字が目印

店は庶民的な雰囲気

店は庶民的な雰囲気

屋台から始まり、1949(昭和24)年に創業した中華の老舗。日本最初と言われる焼餃子は屋台時代から続き、今も愛される定番。これを目当てに通う客も多い。料理は100種以上と種類豊富。一部は値段半額、量半分の小皿メニューもある。指定のボトルがお得に楽しめる、紹興酒ボトル週替わりサービスもありビールと共に楽しみたい。

「焼餃子」(374円)は、6個入り。モチモチの皮に包まれたあんは白菜、豚肉、ニンニク、生姜のみ。生姜が効いたあっさりした旨味で何個でも食べられる

「焼餃子」(374円)は、6個入り。モチモチの皮に包まれたあんは白菜、豚肉、ニンニク、生姜のみ。生姜が効いたあっさりした旨味で何個でも食べられる

「肉の揚げだんご」(1,320円)。肉団子は13個で、甘酢ダレか塩味が選べる

「肉の揚げだんご」(1,320円)。肉団子は13個で、甘酢ダレか塩味が選べる

■萬里 野毛本店(ばんり) 住所:神奈川県横浜市中区野毛町2-71 電話:045-231-8011 時間:12:00~22:20、金曜、土曜 日曜~21:50(LO各フード50分前、ドリンク30分前) 休み:月曜 席数:90席 ※分煙 駐車場:なし アクセス:JR線桜木町駅西口より徒歩5分、横浜市営地下鉄桜木町駅5出口より徒歩1分

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る