ラーメンWalker北海道が太鼓判!女子ウケ抜群の“美ジュアル系”ラーメン

2020年1月5日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

最近札幌に増えている、女子も入りやすいラーメン店。実際にどんなところが女子にウケているのだろうか?味はもちろん、写真映え、ヘルシーさなど、女子がこだわるポイントを取り入れた注目の店を紹介する。<※情報はラーメンWalker北海道2020より>

「雨、燦燦(さんさん)」(札幌市・東区)/2019年4月27日オープン

エビの旨味がソースに凝縮された見た目も美しい豚骨ラーメン / 雨、燦燦

エビの旨味がソースに凝縮された見た目も美しい豚骨ラーメン / 雨、燦燦

すべての画像を見る(8件)

札幌市白石区の人気店「雨は、やさしく」の3号店としてオープン。フランス料理で使われる、エビからダシを取ったアメリケーヌソースがかかったラーメンが独創的。外観や店内も洗練されており、カフェのような雰囲気。清潔感ある店内は女性がひとりでも来店しやすいと評判だ。また、紙エプロンの用意があるのもうれしいポイント。

塩も選択可能なので、好みの方を注文しよう / 雨、燦燦

塩も選択可能なので、好みの方を注文しよう / 雨、燦燦

おすすめは「海老豚骨(塩)」(900円)。濃厚な豚骨スープと極太麺が相性抜群で、塩以外に醤油、味噌も選択可能。アメリケーヌソースやトッピングのキノコペーストを混ぜれば味の変化を生み出せる。上にのったトリュフも珍しく、特徴の一つとなっている。このほか、煮干しを丸ごと使ったソースが特徴の「煮干し豚骨(醤油)」(850円)もおすすめ。

<住所:札幌市東区北23東20-2-13 / 時間:11:00〜15:00、18:00〜20:20(各LO) / 休み:月曜(祝日の場合は翌日)>

「福の樹」(札幌市・中央区)

トマトの栄養が詰まった濃厚ヘルシーな美ヌードル / 福の樹

トマトの栄養が詰まった濃厚ヘルシーな美ヌードル / 福の樹

薬膳マイスターのオーナーが営むトマトラーメン専門店。1杯当たり3個のトマトを使ったラーメンは、旨味のある鶏のスープと相まってヘルシーでいて濃厚な味わいだ。色とりどりの野菜など、トマトとの相性を考え抜いた具材が丼を彩る。

さまざまな楽しみ方ができる「トマトヌードル」 / 福の樹

さまざまな楽しみ方ができる「トマトヌードル」 / 福の樹

おすすめのは「海老じゃらし」(950円)。甘エビの頭を圧力鍋でじっくり煮出したエビのスープと、トマトクリーム、鶏スープとが融合した濃厚な一杯。特製のエビベーストを溶かせば、味の変化も楽しめる。また、ここを訪れたのなら「トマトヌードル」(750円)も味わいたい。トマトの酸味と自家製ソーセージがマッチ。スープは鶏ブイヨンにつぶしたトマトを加え、生姜やタマネギで味を調える。シメは「チーズonライス」(120円)を入れればリゾットにもなる。トマトは加熱すると身体への栄養素の吸収力がアップするのが特徴で、大量のトマトを使ったスープからは栄養素のリコピンを効率良く身体に取り入れられる。血糖値低下や動脈硬化予防、美白効果が期待できるので、美容効果を狙っても訪れたい店だ。

<住所:札幌市中央区南4西10-1004-1 南四条ユニハウス1F / 時間:11:30〜15:00、17:00〜21:00、土日11:30〜21:00(LO各30分前) / 休み:月曜>

「西洋料理・麺 ヌイユ」(札幌市・中央区)

【写真】西洋料理×麺がコラボするおしゃれな一杯にうっとり / 西洋料理・麺 ヌイユ

【写真】西洋料理×麺がコラボするおしゃれな一杯にうっとり / 西洋料理・麺 ヌイユ

西洋料理の一つとして麺を提供するのがモットー。コースに組み込むだけでなく、アラカルトとしての一杯も楽しめる。丸鶏と鶏ガラに生ハムも加えたブイヨンが特徴で、道産食材を使った具材は季節感たっぷり。店内はカフェのようで居心地が良い空間。

カフェのような居心地の良い店内で味わえる「みそ」/ 西洋料理・麺 ヌイユ

カフェのような居心地の良い店内で味わえる「みそ」/ 西洋料理・麺 ヌイユ

おすすめは「下総(しもうさ)醤油」(842円)。丸鶏と鶏ガラ、イタリアのパルマハムを沸謄させず長時間煮込んだブイヨンに、香り高い醤油がハマっている。鶏ムネ肉のチャーシューはしっとり食感でヘルシーだ。このほか、カツオ粉の風味香るまろやかな「みそ」(842円)もおすすめ。マー油とラー油がアクセントになっており、こちらは豚チャーシューがトッピングされる。

<住所:札幌市中央区南1西9-15 札幌南1条ビルB1F / 時間:11:30〜15:00(LO14:45)、17:00〜23:30(LO23:00) / 休み:日曜>

「蟬吟(せんぎん)」(札幌市・白石区)

シンプルで洗練された見た目は高級料理のよう / 蟬吟

シンプルで洗練された見た目は高級料理のよう / 蟬吟

店主は元フランス料理店のオーナーシェフ。カテゴリーにとらわれずおいしいものを提供したいと店を開いた。3種に絞った麺メニューのなかで人気が高いのは、オマールエビの旨味が存分に味わえる「エビつけ麺(オマール海老の冷たいソース)」(780円)。モチモチした自家製麺と絡めれば、エビの旨味が口に広がる。シンプルで洗練されたビジュアルも人気のポイント。このほか、鶏のコンソメスープに味噌を合わせた「玉葱とオリーブオイルで乳化させた味噌」(780円)も人気。クリーミーなコクとマイルドさの両立にフレンチの技が光る。

フレンチの技が光る「玉葱とオリーブオイルで乳化させた味噌」 / 蟬吟

フレンチの技が光る「玉葱とオリーブオイルで乳化させた味噌」 / 蟬吟

味はもちろんだが、モダンな盛り付けにも注目を。思わず見とれてしまうほど美しく盛り付けられたラーメンは、食べるのがもったいなく感じられてしまう。

<住所:札幌市白石区本郷通9北4-26 / 時間:11:30〜14:30、18:00〜20:00(各LO) / 休み:火曜>

今回はさまざまな名店ひしめく札幌の中で、女子ウケしやすい名店を紹介した。どこも人気店だが、ひとりでも入りやすい落ち着いた店内の雰囲気が特徴。女性ソロや女性同士で訪れるのはもちろん、デートスポットとしてもおすすめできる。

※表記価格は消費税8%時の税込価格となります。2020年1月現在、消費税率が10%に変更され、税込価格が変更となっておりますのでご注意ください。

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る