天神地下街から直結!福岡パルコ本館B1のおすすめランチ5選

2020年1月14日 11:00更新

九州ウォーカー 上川奈穂美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市内中心部にありながら「こんなところにあるの知らなかった!」穴場のランチをご紹介。コスパのよさはもちろん、時間がないときでもサクッと食べれるお店は普段使いにおすすめだ。今回は西鉄福岡(天神)駅から徒歩0分、天神地下街から直結で、ショッピングに訪れる人も多い「福岡パルコ本館B1」へ!

うみの食堂

木目を基調にブルーのロゴが爽やかな印象の外観 / うみの食堂

木目を基調にブルーのロゴが爽やかな印象の外観 / うみの食堂(C)KADOKAWA

旬の魚と季節の糸島野菜をメインにした料理を提供するのが「うみの食堂」。自社に魚の加工場を持ち、長浜漁港から直送される新鮮な魚をリーズナブルに味わえるのが魅力。

【写真を見る】広々とゆとりのある店内 / うみの食堂

【写真を見る】広々とゆとりのある店内 / うみの食堂(C)KADOKAWA

もとは寿司店として営業していた店をリニューアルした店内は、木をふんだんに使ったあたたかみのある空間。ランチ時は周辺で働くビジネスマンで賑わい、女性一人の客も多いのだとか。カウンター席のほか、テーブル席や小上がりの掘りごたつ席まで58席を備えている。

【写真を見る】選べる海鮮丼(1280円) 。写真は3月までの期間限定「鰤トロとびんちょうトロのWトロ丼」と糸島野菜の彩り蒸し野菜 / うみの食堂

【写真を見る】選べる海鮮丼(1280円) 。写真は3月までの期間限定「鰤トロとびんちょうトロのWトロ丼」と糸島野菜の彩り蒸し野菜 / うみの食堂(C)KADOKAWA

昼夜食べられる定食メニューで一番人気は「選べる海鮮丼」。旬の魚の切り身や明太子などが盛られた博多海鮮丼やサーモンアボカド丼など、5種の中からメインの海鮮丼を選べる。さらにセットのおかずも魚、肉、野菜の3カテゴリー約30種から選べるというから、その日の気分に合わせて自分好みの定食を作れる。その時期の旬の魚を使った季節限定の海鮮丼も要チェックだ。

[うみの食堂]福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館B1 / 092-235-7376 / 11:00〜23:00(LO22:00、ランチタイムなし) / 休みはパルコに準ずる

博多天ぷら たかお

上品な佇まいの外観 / 博多天ぷら たかお

上品な佇まいの外観 / 博多天ぷら たかお

上品なしつらえと吟味した食材を使った天ぷらを手頃な価格で味わえる「博多天ぷら たかお」。厳選食材を使った本格的な天ぷらは、一つ一つ揚げたてを提供する。

純和風の落ち着いた店内 / 博多天ぷら たかお

純和風の落ち着いた店内 / 博多天ぷら たかお

しっとりと落ち着いた店内ではビールや日本酒、ワインなどのアルコールメニューもとりそろえ、天ぷらをつまみにお酒も楽しめる。

たかお定食(税込1000円) / 博多天ぷら たかお

たかお定食(税込1000円) / 博多天ぷら たかお

ランチの1番人気は豚肉、海老、魚介2種、野菜3種とボリュームたっぷりの天ぷらがメインの「たかお定食」。地産地消を心がけた野菜と北海道産の魚介など、新鮮な食材を天ぷらで楽しめる。やさしい塩味と甘みが食材のおいしさを際立てるフランス産の岩塩、もしくは福岡の老舗醤油醸造元「ジョーキュー醤油」と共同開発したオリジナルの天つゆで味わう。

季節の天ぷら定食(税込1500円) / 天ぷらたかお

季節の天ぷら定食(税込1500円) / 天ぷらたかお

季節で変わる旬の食材が並ぶ「7種季節の天ぷら定食」もおすすめ。ランチタイムは定食を注文するとご飯の大盛り、昆布明太子、自家製浅漬け、黒烏龍茶が無料というランチ限定のサービスも嬉しい。

[博多天ぷら たかお]福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館B1 / 092-235-7377 / 11:00〜23:00(LO22:00、ランチタイム11:00〜15:00) / 休みはパルコに準ずる

鼎’s 福岡パルコ店

親しみやすいカフェ&ダイニングバースタイルの店 / 鼎’s 福岡パルコ店

親しみやすいカフェ&ダイニングバースタイルの店 / 鼎’s 福岡パルコ店

台湾で行列のできる小籠包専門店「京鼎樓」の味を受け継ぎ、よりカジュアルに小籠包を楽しめる店としてオープンした「鼎's」。福岡パルコ店では、定番の蒸し小籠包と麺類のお得なセットを終日食べることができるので、遅めのランチにもおすすめ。

濃厚担々麺(単品730円、蒸し小籠包セット980円) / 鼎’s 福岡パルコ店

濃厚担々麺(単品730円、蒸し小籠包セット980円) / 鼎’s 福岡パルコ店

蒸し小籠包とセットになる麺類は定番の濃厚担々麺や鶏そば、ワンタン麺、さらには週替りの麺などもそろえる。一番人気の濃厚担々麺は後を引く辛さがクセになるスープが特徴で、食べると肉汁が溢れ出す、蒸し立ての小籠包とも相性抜群だ。

ねぎ塩鶏そば(単品730円、蒸し小籠包セット980円) / 鼎’s 福岡パルコ店

ねぎ塩鶏そば(単品730円、蒸し小籠包セット980円) / 鼎’s 福岡パルコ店

辛いのが苦手な人には「ねぎ塩鶏そば」がおすすめ。あっさりとした塩味のスープで、やわらかな鶏肉と食感のいい野菜の相性もいい。

[鼎’s 福岡パルコ店]福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館B1 / 092-235-7149 / 11:00〜23:00(LOフード22:00、ドリンク22:30、ランチタイムなし) / 休みはパルコに準ずる

ミートランド

カジュアルな雰囲気の店内 / ミートランド

カジュアルな雰囲気の店内 / ミートランド(C)KADOKAWA

店名からイメージする通り、お肉をメインにしたレストラン「ミートランド」。ハンバーグや糸島豚のステーキが付いた定食や日替わりランチなどが人気を集めている。

替えバーグ定食(1182円) / ミートランド

替えバーグ定食(1182円) / ミートランド

こちらで話題なのが「替えバーグ定食」。ボールのようにまん丸なハンバーグが2回までおかわりできるという、肉好きにはたまらないメニューだ。おかわりはハンバーグはもちろん、牛タン鉄板や唐揚げなど多彩なメニューから選ぶことができる。さらにデミグラスやジャポネなど8種から選べるソースやトッピングメニューも豊富で、自分好みにカスタムする楽しみも充実。

厚切り牛タン定食(並1282円、倍盛1955円) / ミートランド

厚切り牛タン定食(並1282円、倍盛1955円) / ミートランド

ボリュームある牛タンステーキがメインの「厚切り牛タン定食」も人気。厚切り牛タンのジューシーな肉汁がたまらない一品だ。定食はご飯、スープ、ふりかけ、漬け物が食べ放題というから、ぜひ腹ぺこで訪れよう!

[ミートランド]福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館B1 / 092-235-7387 / 11:00〜23:00(LO22:30、ランチタイムなし) / 休みはパルコに準ずる

三匹の黒豚

大きな暖簾が目印 / 三匹の黒豚

大きな暖簾が目印 / 三匹の黒豚

自社農場で黒豚の生産から加工、販売まで一貫して行ない、一切冷凍しない新鮮な黒豚料理が自慢の「三匹の黒豚」。店舗でブロック肉から仕込んだ「黒豚とんかつ」や、生肉を店舗でスライスした「黒豚つゆしゃぶしゃぶ」など、自社生産だからできる黒豚料理を提供する。

仔豚ちゃん定食(990円、ディナー時は1210円) / 三匹の黒豚

仔豚ちゃん定食(990円、ディナー時は1210円) / 三匹の黒豚

ランチタイムには、限定価格のリーズナブルなランチメニューが味わえる。なかでも人気なのが、3種のカツに、オクラの素揚げ、ごはん、味噌汁がセットになった「仔豚ちゃん定食」。ヒレカツとロースかつ、メンチカツとバラエティ豊富なカツを一度に楽しめるのが魅力だ。

昼限定ロースかつ定食(1280円、ディナー時は1480円) / 三匹の黒豚

昼限定ロースかつ定食(1280円、ディナー時は1480円) / 三匹の黒豚

すべての画像を見る(17件)

食べ応えのあるロースカツ120gがメインの「ロースカツ定食」も人気。ランチタイム限定で、ごはんと豚汁のお替わりが自由というサービスに加え、ロースかつ定食を注文するとキャベツもお替り自由というランチならではの嬉しいサービスも。さらに米は鹿児島県川内産ひのひかり、黒豚を使った豚汁など、自社農場の上質で安全な食材にもこだわっている。

[三匹の黒豚]福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館B1 / 092-235-7382 / 11:00〜23:00(LO22:00、ランチタイム11:00~17:00) / 休みはパルコに準ずる

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る