聖地の千葉「ツオップ」の味を踏襲!京都のこだわり絶品カレーパン「パン処 太陽」

2020年1月15日 8:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

12年間にわたり3つのベーカリーで修業、店をオープンする前から百貨店のパンフェアに招聘された経歴を持つ若きシェフの店「パン処 太陽」。注目はカレーパンの聖地、千葉県の「Zopf」で修得した技で作るカレーパン。そのほか、ハード系からおやつ系まで豊富にそろう。<※情報は関西ウォーカー(2020年2号)より>

絶品カレーパンにパン好きも納得!「パン処 太陽」

カレーパン(230円)/パン処 太陽

カレーパン(230円)/パン処 太陽

すべての画像を見る(7件)

表面はカリッ、中はむっちりふっくらした独特の食感の生地が絶妙。

【写真を見る】スパイスが効いたキーマカレー風のあんを中に詰め込んだ、一度食べたらクセになる味。

【写真を見る】スパイスが効いたキーマカレー風のあんを中に詰め込んだ、一度食べたらクセになる味。

カレーパンにはスパイスが17種/パン処 太陽

カレーパンにはスパイスが17種/パン処 太陽

カレーにはクミンやカルダモンなど17 種のスパイスを調合。辛味がありながらも甘味も広がる、この店独特の味わい。

プレッツェル(200円)/パン処 太陽

プレッツェル(200円)/パン処 太陽

素朴な味ながら、小麦の風味と塩の旨味がしっかりと伝わる人気パン。

クリームパン(160円)/パン処 太陽

クリームパン(160円)/パン処 太陽

きび糖で甘味とコクを出したクリームがたっぷりで、食べ応え満点。

「カレーパンは修業先の味を踏襲しています。4種のあんぱんや週替り食パンもぜひ」とオーナーシェフの近藤真悟さん。

店内にハード系やデニッシュなど少数精鋭のパンが並ぶ/パン処 太陽

店内にハード系やデニッシュなど少数精鋭のパンが並ぶ/パン処 太陽

こぢんまりとした店内は、シェフの母親が営んでいた喫茶店を改装したもの/パン処 太陽

こぢんまりとした店内は、シェフの母親が営んでいた喫茶店を改装したもの/パン処 太陽

■パンDATA/種類:約60種 イートイン:不可 予約&取り置き:不可 焼きあがり目安:食パン9:30~、バゲット9:30~12:00の30分毎、クロワッサン7:30~、土日7:30~、12:00~、カレーパン7:30~ ※なくなり次第追加

■パン処 太陽<住所:京都市右京区嵯峨折戸町27-9 電話:075-861-1869 時間:7:30~16:00 休み:火曜、水曜 席数:なし 駐車場:なし アクセス:嵐電鹿王院駅より徒歩2分>

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る