「ラーメンWalker茨城」イチ押し!名店「必道」の1日30杯限定メニュー

2020年1月8日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

茨城の人気ラーメン店が「ラーメンWalker茨城2020」の読者のために、2020年10月までラリー形式で限定のラーメンを作る「限定麺ラリー」。茨城のラーメンシーンをにぎわす精鋭店主たちが、『とにかく映える一杯』『これまで作ったことがないオリジナル』『ラーメンWalker茨城2020持参の人のみ注文可』の条件を満たすスペシャルメニューを考案する。第1弾は「麺屋 必道(ひっと)」によるクラムチャウダー。提供期間は1月11日(土)、18日(土)~19日(日)、25日(土)と7月の特定日のみとなっているので、「ラーメンWalker茨城2020」を持って今のうちに店へ急いで。<※情報はラーメンWalker茨城2020より>

同店の人気メニュー「必道そば」

同店の人気メニュー「必道そば」

すべての画像を見る(4件)

濃厚な白味噌ラーメン(890円)や豚骨魚介のつけそば(850円)など、豊富なメニューのなかでもひと際人気なのは、ノスタルジックな中華そば。食感の豊かな自家製麺は修業先譲りの完成度の高さだ。おすすめの「必道そば」(750円)。鶏ガラベースのスープはあっさりしているが、焦がしネギ油でコクを持たせている。

貝と野菜の旨味がぎゅっと詰まった一杯

貝と野菜の旨味がぎゅっと詰まった一杯

そんな同店が考案した限定メニューは「鶏と貝のクラムチャウダー~グランドスラムチャウダー~」(950円/1日30杯限定)。鶏白湯(パイタン)に生クリームを加えたスープはシチューのようで、麺の上には照り焼きチキンや鶏団子などがのる。スープの中には、店主の地元・大洗産のハマグリの酒蒸しのほかにも、アサリやシメジ、ニンジン、ジャガイモなど具がたっぷり!

【写真】映えポイントは「たっぷりと具が入ったスープ」

【写真】映えポイントは「たっぷりと具が入ったスープ」

店主・片岡何必(かひつ)さんは「自家製の太麺は200グラム・250グラム・300グラムが同料金。お好みの量をどうぞ」と話す。提供期間は1月11日(土)、18日(土)~19日(日)、25日(土)、7月11日(土)、18日(土)~19日(日)、25日(土)のみなので、この機会に特別な一杯をぜひ味わって。

<麺屋 必道: 住所:つくば市北条5124-2 / 時間:11:30〜14:30、17:30〜20:30(各LO) / 休み:木曜>

限定麺ラリーは2020年10月まで開催。続く2020年2月は「めんじろ」が登場するので要チェック! 食べる際に各店からもらったシールを台誌に貼り、6店舗すべてのシールをコンプリートしたら、抽選で50名にラーメンWalker茨城特製レンゲが当たるプレゼントキャンペーンに応募可能。ラーメン好きにはたまらない本企画に、ぜひこの機会に参加しよう。

※今回の限定麺を食べるには「ラーメンWalker茨城2020」の持参が必要(1人1冊、電子版不可)。開催時当日まで店主がブラッシュアップを重ねるため、メニューの内容、金額、数量(売切れ次第終了)が変更になる可能性あり

※表記価格は税込み

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る