中田英寿×J-WAVEのエンタメレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」、高輪ゲートウェイ駅前に期間限定登場

2020年1月9日 7:30更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年3月14日(土)に開業するJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」。駅前広場では3月下旬から9月上旬にかけてJR東日本によるイベント「Takanawa Gateway Fest」が開催される。同イベント内に、元サッカー日本代表の中田英寿氏がディレクターを務めるレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」がオープンすることが発表された。

「VOICES FROM NIHONMONO」に出演した中田英寿氏(写真中央)と、ゲストの永山祐子氏(写真左)、生江史伸氏(写真右)

「VOICES FROM NIHONMONO」に出演した中田英寿氏(写真中央)と、ゲストの永山祐子氏(写真左)、生江史伸氏(写真右)

すべての画像を見る(3件)

「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」では、中田氏が主催する世界最大級の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」とコラボし、日本全国の選りすぐりの日本酒が週替わりで楽しめるほか、これまでCRAFT SAKE WEEKに参加したレストランが国内外から参加。通常では予約困難な人気レストランも出店し、ここでしか楽しめない、日本酒に合わせたレストラン監修によるメニューを提供する。また、会場には中田氏が全国を巡る旅の中で出会った工芸品など、日本の魅力を集めたショップ「NIHONMONO SHOP」も開設する予定だ。

【写真】CRAFT SAKE WEEKに登場した日本酒や国内外のレストランによる様々なメニューが楽しめる(イメージ)

【写真】CRAFT SAKE WEEKに登場した日本酒や国内外のレストランによる様々なメニューが楽しめる(イメージ)

また、本イベントでは、J-WAVEが推薦するさまざまなアーティストを招き、会場でライブ演奏を行う。その他、4月からは会場で公開生放送を実施予定。エンターテインメントと日本文化が融合した、新たな形のエンターテインメントレストランになるという。

1月4に放送されたJ-WAVE(81.3FM)「VOICES FROM NIHONMONO」(毎週土曜22:00-22:54放送)の中で中田氏は「毎年行っているCRAFT SAKE WEEKに出店している全国の酒蔵、そこに出てくれた一流の料理人たちによる料理が愉しめたり、旅の中で見つけたモノを体験できる、買える場所を作ろうと思っています。また、そこにJ-WAVEが一緒になって音楽とエンターテインメント要素が加わるので、今まで以上に進化したものを今回見せていけたら」とコメントした。

中田英寿氏がディレクターを務める「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」

中田英寿氏がディレクターを務める「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」

また、同回には「Takanawa Gateway Fest」全体の会場デザインを手掛ける建築家の永山祐子氏と、参加レストランの一つ「L’Effervescence」の生江史伸氏がゲストに登場。

永山氏は会場デザインについて「高輪ゲートウェイ駅ができるエリアは、もともと海だったところなので『しらなみ』をイメージした構想を練っています」と明かし、生江氏は「今回のイベントでは昨今話題になっている“発酵食品”をテーマにしていて、どういう形で料理の中に盛り込んで新しい提案をしていけるか、ということを考えています。海外の方には日本の素晴らしさを伝えたいですし、日本の方には今まであった日本の違う見え方を新しく提案していきたい」と本イベントに対する想いを語った。

日本酒、料理、工芸品、エンターテインメントなど、日本の魅力を各所に感じられるイベントに期待が高まる。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る