幸せを感じる光の空間!鹿児島県鹿児島市で「ウィンターイルミネーション」開催中

2020年1月14日 18:42更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鹿児島のシンボルである桜島と錦江湾、鹿児島市街地を見渡せる標高108mの高台・城山に建つSHIROYAMA HOTEL kagoshimaの中庭で、ウィンターイルミネーション「光のファンタジーとハピネスの丘」が2月29日(土)まで開催中だ。

「ファンタジーガーデン」の七色に変わる噴水、優しいシアン&ブルーカラーに包まれた高さ10mのメインツリー

「ファンタジーガーデン」の七色に変わる噴水、優しいシアン&ブルーカラーに包まれた高さ10mのメインツリー
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

毎年恒例になっているイルミネーションイベント。「ハピネスを感じるひととき」をテーマに、透明感溢れる電飾や、音楽と光に合わせて踊るダンシング噴水ライブなど、色とりどりの光と噴水の共演が楽しめる。

【写真】インスタ映え間違いなしなハピネスガーデンの「幸せを運ぶ馬車」

【写真】インスタ映え間違いなしなハピネスガーデンの「幸せを運ぶ馬車」写真は主催者提供

七色に変わる噴水と優しいシアン&ブルーカラーに包まれた高さ10mのメインツリーと、眼下に広がる鹿児島市街地の夜景とのコラボレーションが見事な「ファンタジーガーデン」、多くのフォトスポットがある「ハピネスガーデン」、落ち着きのあるゴールドの光に包まれる「ゴールドガーデン」といった、幻想的なイルミネーションが楽しめる。

また、期間中に利用できる3つの特別宿泊プランも用意されている。17万球のLEDで彩られた「ウィンターイルミネーション 光のファンタジーとハピネスの丘」に出かけて、この冬の思い出を作ろう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る