ジョージアの新CMに山田孝之と広瀬アリスが登場「TOKYO2020も、誰かの仕事でできている。」

2020年1月13日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本コカ・コーラのコーヒーブランド「ジョージア」で、東京2020オリンピックを支える人に寄り添うキャンペーン「ジョージア ブランドキャンペーン」が1月13日(月)からスタート。

新TVCM「TOKYO2020 宣言」篇を放映へ


山田孝之と広瀬アリスが、東京2020オリンピックを支えるさまざまな人に扮し、キャンペーンメッセージの「TOKYO2020も、誰かの仕事でできている。」を伝えていくCM(60秒篇・30秒篇)が全国オンエア。

60秒篇では、山田孝之がオリンピックスタジアム(国立競技場)建設作業員の役をはじめ、広瀬アリスとともに、東京2020オリンピックを支える人を演じ、山田孝之が限定デザインの「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」を飲むシーンも登場。

ジョージアの新CMに山田孝之と広瀬アリスが登場


スポーツ選手用シューズ製作者の役も


同CMは、山田孝之と広瀬アリスが、スポーツ選手用シューズ製作者やグラウンドキーパー、ホテル従業員など、東京2020オリンピックの成功に向けて懸命に働く人たちを演じ、各職業にかける熱い思いを語る内容となっている。

【写真】新TVCM『TOKYO2020 宣言』篇(60秒)のストーリーボード


「世界は誰かの仕事でできている」をテーマに、全国放映される「ジョージア」の本CMを見て、東京2020への気持ちを盛り上げよう。

小枝

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る