卓球オリンピック日本代表メンバーにノジマTリーグから5名が選出

2020年1月13日 16:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年7月より行われる東京2020オリンピック競技大会の卓球・日本代表候補メンバーが2020年1月6日に発表。ノジマTリーグからは張本智和選手、丹羽孝希選手、水谷隼選手の男子3名、石川佳純選手、平野美宇選手の女子2名、合計5名の選手が選出された。

張本智和選手(木下マイスター東京)


日本代表の個人スタッツを紹介


張本選手は現在、世界ランク5位、過去最高は3位。ノジマTリーグ 2019-2020シーズンはマッチ出場数5、ビクトリーマッチ(1ゲーム限りの延長戦。以下VM)出場数1、勝利数2、敗戦数3、勝率40%、獲得ゲーム10、喪失ゲーム9、完封率20%、獲得ポイント159、喪失ポイント153となっている。

丹羽孝希選手(木下マイスター東京)


丹羽選手は現在、世界ランク15位、過去最高ランクは5位。ノジマTリーグ 2019-2020シーズンはマッチ出場数5、VM出場数0、勝利数3、敗戦数2、勝率60%、獲得ゲーム11、喪失ゲーム8、完封率40%、獲得ポイント168、喪失ポイント165。

水谷隼選手(木下マイスター東京)


水谷選手は現在、世界ランク16位、過去最高ランクは4位。ノジマTリーグ 2019-2020シーズンはマッチ出場数6、VM出場数1、勝利数4、敗戦数2、勝率67%、獲得ゲーム11、喪失ゲーム7、完封率33%、獲得ポイント180、喪失ポイント145。

【写真】石川佳純選手(木下アビエル神奈川)


石川選手は現在、世界ランク9位、過去最高ランクは3位。ノジマTリーグ 2019-2020シーズンはマッチ出場数10、VM出場数3、勝利数6、敗戦数4、勝率60%、獲得ゲーム20、喪失ゲーム11、完封率20%、獲得ポイント293、喪失ポイント249。

平野美宇選手(日本生命レッドエルフ)


平野選手は現在、世界ランク11位、過去最高ランクは5位。ノジマTリーグ 2019-2020シーズンについては出場記録なし。

なお、ノジマTリーグ 2019-2020シーズン個人スタッツの詳細については、ノジマTリーグ公式サイトで確認できる。

2020年7月より開催される東京2020オリンピック競技大会、みんなで日本代表選手を応援しよう!

小枝

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る