キッザニア甲子園に「鑑定士」パビリオンが登場!宝石鑑定で“本物”の価値を見極める力をつけよう

2020年1月14日 17:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

キッザニア甲子園(兵庫県西宮市)に、「鑑定士」体験ができる「リユースショップ」パビリオンが2月28日(金)から登場。同パビリオンでは、真贋の判断のしかたやグレードの付け方などを学び、こども達がお客さまから持ち込まれた宝石を実際に鑑定する。出展企業はリユース事業を展開するエコリング(兵庫県姫路市)。

鑑定士として、商品の価値やグレードの付け方など正しい知識を学び、宝石を実際に鑑定するリユースショップパビリオン/キッザニア甲子園

鑑定士として、商品の価値やグレードの付け方など正しい知識を学び、宝石を実際に鑑定するリユースショップパビリオン/キッザニア甲子園
(C)KCJ GROUP(キッザニア)

すべての画像を見る(1件)

「鑑定士」体験でモノの価値を見定める“審美眼”を磨こう

ブランド品や宝飾品の商取引で発生する模倣品問題。世界規模で行われる流通において、知的財産権の保護が重要な社会問題となるなか、「鑑定士」が果たす役割に期待が寄せられている。「リユースショップ」パビリオンでは、そんな「鑑定士」の仕事に触れることで、価値を見定める審美眼を養うことの大切さを学ぶ。また、こども達が世界中の美しいものに興味を持ち、ものに関する正しい知識を身につけるきっかけとなることを期待している。

「リユースショップ」パビリオンで「鑑定士」の仕事体験を通じて、審美眼を磨こう。

■キッザニア甲子園「リユースショップ」パビリオン<期間:2月28日(金)から 職業名:鑑定士 定員:1回4人 時間:約30分 給料:8キッゾ 青果物:ルーペ(ストラップ付き) 内容:「鑑定士」として、商品の価値やグレードの付け方など正しい知識を学び、持ち込まれた宝石を実際に鑑定する>

■キッザニア甲子園 <住所:兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園内 電話:0570-06-4343(インフォメーションセンター) 時間:第1部9:00〜15:00、第2部16:00〜21:00 ※完全入替制 休み:不定休 アクセス:阪神甲子園駅より徒歩14分>

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る