ホット&スパイシーな料理に舌鼓!いちごスイーツも食べ放題の“温活”ブッフェ

2020年1月14日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) 佐藤理沙子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ内の「シェフズ ライブ キッチン」では、体を内側から温めてくれる“ホット&スパイシー”なメニューを多彩にそろえた「HOT & SPICY 温活ブッフェ」を2月27日(木)まで開催中。栄養満点の「鉄板鍋」や薬膳が香るローストポークといった、真冬にピッタリな料理の数々を、シェフたちのライブパフォーマンスと共に楽しめる。

「HOT & SPICY 温活ブッフェ」は2月27日(木)まで開催中

「HOT & SPICY 温活ブッフェ」は2月27日(木)まで開催中

すべての画像を見る(13件)

会場となる「シェフズ ライブ キッチン」は、眼前にレインボーブリッジを望み、夜には美しいイルミネーションを堪能できる、好ロケーションが魅力のブッフェレストラン。現在開催中のブッフェのテーマは、「温活」。オーブンで焼き上げ、アツアツの状態で提供される「コラーゲンたっぷり 魚介のすりみと野菜のパイ包みスープ」や、新鮮な海の幸をふんだんに使った「旬のシーフードと野菜のブイヤベース」など、体を温める効果を期待できる食材や調理法を用いたメニューを中心に、バラエティーに富んだ約50種を用意した。

【写真】サクサク×トロトロ!食感のコントラストが楽しい、絶品パイ包みシチューが登場

【写真】サクサク×トロトロ!食感のコントラストが楽しい、絶品パイ包みシチューが登場

ランチとディナーで、それぞれに異なるメニューが楽しめる点もポイント。ランチでは、スパイシーな「豚バラ肉とナムルの赤いスープ」や優しい味わいの「鶏団子とたっぷり野菜の白いスープ」、出来立てのサクサク食感がたまらない「あつあつカツサンド」などをラインアップするほか、「牛すじカレー」「タイ風グリーンカレー」「スープカレー」のいずれかが日替わりで登場する。ディナーは、ライブキッチンで仕上げる「色々な具材とトマトとチーズ」と「餃子と坦々スープ」の2種の「鉄板鍋」を始め、牛肉が口の中でほどける「牛肉の炙りのせ 生姜ときのこの炊き込みご飯」やタイムサービス限定の「アンガス牛とフォアグラのポアレ ロッシーニ風」などが登場し、一層贅沢な品々が並ぶ。

デザートコーナーは、いちごスイーツを中心に用意

デザートコーナーは、いちごスイーツを中心に用意

熟練のシェフたちが目の前で調理する、ライブ感も魅力

熟練のシェフたちが目の前で調理する、ライブ感も魅力

さらに、デザートコーナーには、「ストロベリーパンナコッタ」や「ストロベリームース」など、この先旬を迎えるいちごをたっぷりと使った、キュートなビジュアルのスイーツがズラリと並ぶ。前菜やスープ、メイン料理はもちろん、寿司やカレー、さらにはスイーツまでがそろう充実の内容で、コストパフォーマンスも申し分なしだ。厳しい寒さが続くこれからの季節。ホテルシェフこだわりの絶品料理で、“おいしく”体を温めよう。

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る