大阪・梅田でお化け屋敷「犬鳴村」が登場! 実在の心霊スポットを題材にした映画「犬鳴村」公開記念で

2020年1月17日 14:17更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

梅田のE-MAビルで1月18日(土)から、映画公開記念お化け屋敷「犬鳴村」が開かれる。

お化け屋敷「犬鳴村」記者内覧会前にお祓い


九州に実在する心霊スポットを題材にした映画「犬鳴村」(2月7日全国ロードショー)の公開記念で開催。同作でメガホンをとったJホラーの巨匠、匠清水崇監督が監修した。会場全体が「真っ暗」なお化け屋敷は、「犬鳴トンネル」を抜けるとその先に最恐の「犬鳴村」あるという都市伝説を基にしている。

映画「犬鳴村」のワンシーン©2020「犬鳴村」製作委員会


今月16日は、安全を祈願するお祓いのほか、メディア向けの内覧会が行われた。実際に体験した女性から大きな悲鳴が上がる様子が何度も見られた。

暗くて不気味な雰囲気のお化け屋敷「犬鳴村」


E-MAビル内ではほか、撮影で実際に使われた電話ボックスなどを展示し、フォトスポットとしても楽しめるようになっている。

映画「犬鳴村」の撮影で使用された電話ボックスを展示


■映画公開記念お化け屋敷「犬鳴村」 〈期間〉2020年1月18日(土)~2月24日(月・祝) 〈会場〉E-MAビル B2F 特設会場(大阪市北区梅田1-12-6) 〈営業時間〉平日:16時~21時 土・日・祝日:14時~21時 〈入場料〉小学生以上900円 ※未就学児入場不可

新城重登

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る