「麺や 維新」への思いが詰まった「らぁ麺 飯田商店」のラーメンWalker神奈川2020限定麺がついに開催!

2020年1月22日 23:35更新

横浜ウォーカー 瀧本充広

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川の人気ラーメン店が「ラーメンWalker神奈川2020」の読者のために、月に1店ずつラリー形式で限定ラーメンを作る「限定麺ラリー」。2019年11月からスタートし毎月大きな話題となっているが、2020年最初の登場となる「らぁ麺 飯田商店」の初日にさっそく行ってきた!

インパクトと優しさが同居した衝撃の一杯

康太リスペクト塩(1,200円、1日20杯限定)

康太リスペクト塩(1,200円、1日20杯限定)

すべての画像を見る(7件)

横浜の吉野町にある「鶏喰~TRICK~」の西垣店主とコラボして作ったこの限定麺は、かつて横浜にあった「麺や 維新」のラーメンをリスペクトして作った一杯。そして「らぁ麺 飯田商店」として出すものは、飯田店主が店をオープンして約1年後くらいに食べて、あまりのおいしさに無我夢中で食べたという塩を再現。当時の記憶をたどりながら作ったラーメンは、見た目は黄金色にキラキラと輝き、早くも食欲をそそる。そしてスープをひと口飲むと、最初は鶏と豚の旨味がガツンと響き、その後じんわりと優しい味わいになっていく、まさに衝撃の一杯に。周りを見渡しても、みんなが無我夢中で食べているが、それほど虜にさせるものに。また、支那そばや御用達粉と北海道美瑛産の春よ恋をブレンドした麺は、シルキーなストレートで、小麦の甘味が引き立ち、麺との絡みも抜群。その他にも、「麺や 維新」のものを目指したという、肉感しっかりで食べ応え十分のワンタン、「らぁ麺 飯田商店」では珍しい塩味玉など、注目点が目白押しで新鮮な驚きが満載。飯田店主のフィルターを通して、横浜時代の「麺や 維新」の素晴らしさもしっかりと伝わってきて、改めて神奈川のラーメンの歴史のすごさに驚くばかりだった。また、限定麺で提供される丼は、リニューアルされる前の「らぁ麺屋 飯田商店」のもの。昔からのファンからすると、ここもちょっとした喜びになったに違いない。

席に着くとスタッフからシールをもらえるので、台紙に貼ろう

席に着くとスタッフからシールをもらえるので、台紙に貼ろう

「らぁ麺 飯田商店」は食券制。券売機の一番右側の真ん中に限定麺のボタンがあるので購入をしよう。席に着くとスタッフからシールがもらえるので、ラーメンWalker神奈川2020」のP16にある台紙に貼るのだ。

7:00の整理券配布前の様子。平日にも関わらず約30人が列を作り、55枚の整理券が配布された

7:00の整理券配布前の様子。平日にも関わらず約30人が列を作り、55枚の整理券が配布された

7:00配布の整理券をゲット!1人最大6枚までもらえるので、並んでいる人数よりも多く整理券は出るので要注意

7:00配布の整理券をゲット!1人最大6枚までもらえるので、並んでいる人数よりも多く整理券は出るので要注意

11:00のオープン時には飯田店主自らのれんをかける

11:00のオープン時には飯田店主自らのれんをかける

今や全国区の人気を誇る「らぁ麺 飯田商店」だけに、連日整理券を求め多くの人が早朝から列を作る。この日も平日に関わらず一番最初の整理券配布時間の7:00で約30人が並び、整理券は55枚配られ(ラーメンを食べるには1人につき整理券1枚が必要で、整理券は列に並んだ人1人が最大6枚までもらうことができる)、最後の整理券配布の10:00までには79枚の整理券が配られた。限定麺は1日20杯限定。列に並んだ人全員が限定麺を食べるわけではないが、確実に食べるためには、頑張って早起きをして7:00の整理券をゲットするのをオススメしたい。この貴重な限定麺は、2020年1月26日(日)まで。ラーメンWalker神奈川2020を持参して楽しもう。

【実施日】2020年1月22日(水)~26日(日)

【らぁ麺 飯田商店】住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14 電話:0465・62・4147 時間:11:00~15:00(7:00~整理券配布、規定枚数に達し次第終了) 休み:火曜、水曜、月曜不定 席数:18席(カウンター10、テーブル8)※禁煙 駐車場:15台(無料) 交通:JR湯河原駅より徒歩10分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker神奈川2020」が必要です(1人1冊、電子版不可)。

【ラーメンWalker神奈川2020限定麺ラリー参加店舗】2019年11月「らーめん森や。」、12月「横濱丿貫」、2020年1月「らぁ麺 飯田商店」、2月「鶏喰~TRICK~」、3月「中村麺三郎商店」、4月「地球の中華そば」、5月「RAMEN渦雷」、6月「支那蕎麦屋 藤花」、7月「川の先の上」、8月「田上家」

【取材・文=瀧本充広】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る