100メートル超の炭火焼カキコーナー登場!石川県で「七尾湾能登かき祭」開催

2020年1月28日 18:02更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

石川県七尾市の能登演劇堂前広場で、2月29日(土)・3月1日(日)の2日間「七尾湾能登かき祭 特別イベント」が開催される。

プリプリのカキを堪能しよう

プリプリのカキを堪能しよう
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

小粒ながら肉厚で、風味の良さで知られる「能登かき」。このエリアは日本海側一の水揚げを誇る地域だ。早朝に水揚げされた新鮮な能登かきを、全長100メートル超の炉端コーナーで焼いて食べることができる。このほか、カキ飯、カキフライ、地元特産品等の販売もあるので、カキ好きは行ってみよう。

【写真】多くの人が訪れる人気のイベント

【写真】多くの人が訪れる人気のイベント写真は主催者提供

担当者は「これまで流通せずに捨てられていた、おいしい貝を活用した料理の無料試食会を両日開催します。産地ならではの味を是非ご賞味ください。周辺の飲食店でもカキ料理を味わえるので、合わせてご堪能ください」とイベントならではの魅力を話す。

美味しいカキをたくさん食べられる「七尾湾能登かき祭 特別イベント」。衛生面の安心向上にも取り組む「能登かき」をぜひ味わって。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る