県内最大級の陶器市!沖縄県読谷村で「第27回読谷やちむん市」開催

2020年1月28日 19:27更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

沖縄県中部の読谷村で長年続いている恒例の陶器市「第27回読谷やちむん市」が、2月22日(土)と2月23日(日)の2日間、JAファーマーズマーケットゆんた市場前広場で開催される。

お気に入りに出会える二日間

お気に入りに出会える二日間
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

「やちむん」とは沖縄の方言で「焼き物」の事を言い、沖縄の家庭で日常的に使用される茶碗などの食器や鉢などの陶器を指す言葉だ。琉球王朝時代まで遡る歴史ある焼き物で、その特徴は、葉っぱや魚といった自然のものを描いた絵付。沖縄県中部の読谷村は「やちむん」で有名な街で、古くは那覇にあった窯場が環境の変化により、読谷村の座喜味城跡の近くにあるやちむんの里の方に移ったことから始まっている。

【写真】読谷村内にある30カ所以上もの窯元が色とりどりの作品を持ち寄る陶器市

【写真】読谷村内にある30カ所以上もの窯元が色とりどりの作品を持ち寄る陶器市写真は主催者提供

「読谷やちむん市」は、読谷村内にある30カ所以上もの窯元が参加する陶器市で、様々なやちむんを購入できる。作品はすべてが手作りで、土や釉薬、絵付けや湿度などによって仕上がりが変わる一点もの。様々な掘り出し物に出合えると、2日間で約2万人のファンが県内外から訪れにぎわう陶器の祭典だ。

沖縄ならではの陶器に出会える「第27回読谷やちむん市」に出かけて、お気に入りの一点を見つけよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る