王道から泡系、洋風まで、鶏のスペシャリストたちが追求する東海エリアの鶏白湯ラーメン

2020年2月13日 17:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

真っ白なスープに凝縮された鶏のおいしさを追い求め、各店がしのぎを削る鶏白湯(パイタン)。今回は2016年から2019年までに東海エリアにオープンしたラーメン店のなかから、おすすめの5店を紹介!エスプーマやレアチャーシューをはじめ、香味バターなどの斬新なアレンジを加えた多彩なラインナップを楽しもう。

他の追随を許さない、まったり濃厚な鶏白湯といえばここ

●「ラーメン イロドリ」(岐阜県岐阜市)

鶏の旨味が凝縮!店主のこだわりがつまったトッピングも魅力。「特製イロドリらぁめん」(930円) / ラーメン イロドリ

鶏の旨味が凝縮!店主のこだわりがつまったトッピングも魅力。「特製イロドリらぁめん」(930円) / ラーメン イロドリ

すべての画像を見る(14件)

ラーメンWalkerグランプリで2018年、2019年、2020年と、連続1位に輝く実力店「ラーメン イロドリ」。部位ごとに炊く時間を変え、濃厚な旨味を凝縮させた鶏白湯スープと自家製麺で個性を発揮。定期的に登場する限定メニューも見逃せない。

部位ごとに炊く時間を変えるといったこだわりの末、完成した自慢のスープ。 / ラーメン イロドリ

部位ごとに炊く時間を変えるといったこだわりの末、完成した自慢のスープ。 / ラーメン イロドリ

「特製イロドリらぁめん」(930円)は、奥美濃古地鶏などの甘い香りと旨味で満たされた自慢の1杯。スープは仕上がってから1晩寝かせ、タレには地元の蔵元の特製醤油を使っている。丁寧に仕込まれた鶏チャーシューなど、トッピングも彩り豊かだ。

空間にゆとりがあり、テーブル席も多いため、家族連れでも利用しやすい。 / ラーメン イロドリ

空間にゆとりがあり、テーブル席も多いため、家族連れでも利用しやすい。 / ラーメン イロドリ

■ラーメン イロドリ / 住所:岐阜県岐阜市北一色5-13-25 ガーデンハイツ / 電話:058-201-5000 / 時間:11:00~14:00、18:00~21:00 / 休み:月曜

フレンチの技で決めた独創性豊かな鶏白湯

●「ORIBE(オリベ)」(愛知県豊橋市)

【写真を見る】チャーシューや香味バターなど自分でカスタムできるのが嬉しい。「鶏白湯麺」(800円) / ORIBE

【写真を見る】チャーシューや香味バターなど自分でカスタムできるのが嬉しい。「鶏白湯麺」(800円) / ORIBE

三河赤鶏の旨味が詰まった鶏白湯麺が看板の「ORIBE」。調理法が違う4種類のチャーシューや、替え玉に香味バターがトッピング(90円~)できるなど、元フレンチシェフならではの技が生きる。

鶏パテや豚カタロースなど、毎日4種類のチャーシューからチョイスできる。エスカルゴバターなどからヒントを得た香味バターも4種類用意 / ORIBE

鶏パテや豚カタロースなど、毎日4種類のチャーシューからチョイスできる。エスカルゴバターなどからヒントを得た香味バターも4種類用意 / ORIBE

「鶏白湯麺」(800円)は、濃度を抑えたスープと白醤油をベースにしたタレで、あっさりと仕上げた1杯。トッピングの野菜は旬に合わせてチョイスしている。

カウンター11席のみながら、シックで落ち着いた雰囲気の店内 / ORIBE

カウンター11席のみながら、シックで落ち着いた雰囲気の店内 / ORIBE

■ORIBE / 住所:愛知県豊橋市井原町26-1 / 電話:0532-39-8272 / 時間:11:00~14:30、18:00~21:00 / 休み:木曜

泡スープと自家製麺の名コンビネーション

●「麺家 獅子丸(ししまる)」(名古屋市中村区)

クセのないクリーミーな泡系スープは麺に絡みやすく、見た目も美しい。特に女性に好評。「獅子丸ぱいたんらぁめん」(820円) / 麺家 獅子丸

クセのないクリーミーな泡系スープは麺に絡みやすく、見た目も美しい。特に女性に好評。「獅子丸ぱいたんらぁめん」(820円) / 麺家 獅子丸

「麺家 獅子丸」は、藤が丘の「半蔵」の2号店。内装や器はカフェのようにおしゃれで、本格的な味わいのメニューがそろう。麺は北海道産小麦粉100%使用の自家製。ツルツル、モチモチの食感が身上だ。

泡立てることでさらにまろやかになり、麺に絡みやすくなる / 麺家 獅子丸

泡立てることでさらにまろやかになり、麺に絡みやすくなる / 麺家 獅子丸

「獅子丸ぱいたんらぁめん」(820円)は、濃厚な鶏白湯に、節系と羅臼(らうす)昆布の和風ダシを加えたダブルスープが魅力。圧力寸胴鍋で国産の鶏ガラと豚骨、野菜を高火力で煮出し、クリーミーに仕上げている。トッピングの豚カタロースと鶏ムネ肉は低温調理で柔らかな口当たりが楽しめる。

店内はカウンターメインだが、隣との距離が広く、女性1人でも入りやすい / 麺家 獅子丸

店内はカウンターメインだが、隣との距離が広く、女性1人でも入りやすい / 麺家 獅子丸

■麺家 獅子丸 / 住所:愛知県名古屋市中村区亀島2-1-1 新幹線高架下 /電話:052-453-0440 / 時間:11:00~14:30、17:30~21:45、日祝 11:00~、17:00~21:00 / 休み:なし

美レアチャーシューとエスプーマの華麗な競演

●「鶏そば 啜る(すする)」(名古屋市中区)

贅沢にもノーマルで3枚ものレアチャーシューがのる。噛むほどに肉の旨味があふれる絶品だ。「鶏そば」(800円) / 鶏そば 啜る

贅沢にもノーマルで3枚ものレアチャーシューがのる。噛むほどに肉の旨味があふれる絶品だ。「鶏そば」(800円) / 鶏そば 啜る

豚カタロースのレアチャーシューを際立たせたラーメンが人気の「鶏そば 啜る」。鶏白湯のスープは泡立てることで風味が増し、チャーシューとの絡みも抜群だ。

骨の髄から出る旨味を凝縮したスープを、エスプーマの優しい口当たりで堪能しよう / 鶏そば 啜る

骨の髄から出る旨味を凝縮したスープを、エスプーマの優しい口当たりで堪能しよう / 鶏そば 啜る

「鶏そば」(800円)は、肉の味わいを堪能できるよう、ノーマルでチャーシューが3枚ものる。国産の鶏ガラのみを強火で8時間炊き込んだスープは、骨の髄から出る旨味が凝縮。濃厚かつエアリーな口当たりのスープとモチモチの自家製麺も好相性だ。

L字型のカウンターを配したミニマムな店内 / 鶏そば 啜る

L字型のカウンターを配したミニマムな店内 / 鶏そば 啜る

■鶏そば 啜る / 住所:愛知県名古屋市中区丸の内2-15-18 ビックバン丸の内 / 時間:11:00~14:00、18:00~21:00 ※チャーシューがなくなり次第終了 / 休み:日祝、水土の夜

あと味すっきりな奥美濃古地鶏で勝負

●「ラーメン翼(つばさ)」(岐阜県各務原市)

スープは濃厚だが、くどさはなくおいしく飲み干せる。「鶏白湯 全部のせ」(980円) / ラーメン翼

スープは濃厚だが、くどさはなくおいしく飲み干せる。「鶏白湯 全部のせ」(980円) / ラーメン翼

「ラーメン翼」の「鶏白湯 全部のせ」(980円)は、鶏の旨味を凝縮した、まろやかな口当たりのスープが評判。奥美濃古地鶏の丸鶏を、骨が溶けるまでじっくり煮出したスープは濃厚ながらもすっきりとしたあと味だ。塩ダレにホタテやアサリの魚介エキスを加えているため、旨味が深く、最後まで飲み干したくなる。低温調理した美濃けんとんのカタロース肉と鶏ムネ肉のレアチャーシューも自信作だ。

女性1人でも入りやすい、カフェのような店内  / ラーメン翼

女性1人でも入りやすい、カフェのような店内 / ラーメン翼

■ラーメン翼 / 住所:岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町1-33-1 / 電話:058-257-1586 / 電話:11:00~14:00、18:00~21:00、日 ~14:00 / 休み:月曜

※値段はすべて税込価格です

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る