一日遊んだあとは、ぽかぽかの温泉!九州の深夜温泉5選

2020年3月19日 16:30更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

おでかけの際に重宝する、深夜まで営業している温泉。子連れ旅の場合は、帰宅後バタバタと子供をお風呂に入れなくていいので、パパママは大助かり!一日遊んだあとは温泉で疲れを癒して帰ろう。

温泉と岩盤浴のコンビで疲れを吹き飛ばす「佐賀ぽかぽか温泉」/ 佐賀市兵庫北

【写真を見る】500度以上で熱した麦飯石を部屋の中央に置くトロッコ式サウナ / 佐賀ぽかぽか温泉

地下約600mから自噴する天然温泉が楽しめる温浴施設。露天風呂やつぼ風呂のほか足湯も備える。また、韓国で急増中の温浴施設、チムジルバンが体験できるのもポイント。

浴場の中央に位置する露天風呂は開放感抜群 / 佐賀ぽかぽか温泉

地下約600mから自噴する天然温泉を楽しもう / 佐賀ぽかぽか温泉

九州最大級の岩塩洞や氷結洞、美人洞(女性専用)など、6種類の岩盤浴がある。部屋を行き来して汗を流せば気分も爽快。さらに2500冊の漫画をそろえ、本を片手に岩盤浴が可能。温泉とチムジルバンで体の中からきれいになろう。
[佐賀ぽかぽか温泉]佐賀市兵庫北5-13-48 / 0952-32-1126 / 10:00~翌1:00(最終受付24:00)※土曜・日曜・祝日は8:00~翌1:00 / 第2木曜17:00~ / 中学生以上690円、小学生370円、幼児(3歳まで)270円、65歳以上630円、2歳以下無料 / 駐車場 180台(無料)

温泉につかって長崎を一望!「稲佐山温泉 ふくの湯 長崎店」/ 長崎市岩見町

昼は長崎の街並みを見渡せ、夜は100万ドルの夜景を眺めて至福のひと時を過ごせる / 稲佐山温泉 ふくの湯 長崎店
すべての画像を見る(11件)

稲佐山の中腹に建ち、一番の魅力はそのロケーション。露天風呂からは長崎市内を一望できるように設計されており、夜にはまばゆい長崎の夜景が楽しめる。高濃度の人工炭酸泉につかれば、みるみるうちに血流がよくなり疲れが取れたという人もいたとか。

食事をしたり温泉につかったりしながら、すべての岩盤浴を制覇しよう / 稲佐山温泉 ふくの湯 長崎店

フィンランドのサウナ入浴法「ロウリュ」を体感できる岩盤浴や、110種類の料理やスイーツが楽しめるバイキングレストランなどの館内設備も充実。
[稲佐山温泉 ふくの湯 長崎店]長崎市岩見町451-23 / 095-833-1126 / 9:30~翌1:00(最終受付24:30)※土曜・日曜・祝日~翌2:00(最終受付1:30) / 無休 / 中学生以上800円、3歳以上400円 / 駐車場 300台(無料)

ボウリングのあとは高濃度の塩化物泉で癒されよう「天然温泉 極楽湯 宮崎店」/ 宮崎市高千穂通

ヒノキ風呂は湯舟に繰り返し入る反復入浴をすることで、森林浴の効果が高まる / 天然温泉 極楽湯 宮崎店

宮崎市街地にある好立地の天然温泉。開放感のある露天岩風呂や森林浴と同じ効果があるとされる露天風呂など8種の風呂を備える。

露天エリアには写真の岩風呂をはじめ、ヒノキ風呂や水風呂までそろう / 天然温泉 極楽湯 宮崎店

泉質はなめるとしょっぱいナトリウム・塩化物強塩泉で、肌に優しい。100種類以上のメニューがある食事処では宮崎名物のチキン南蛮を味わおう。館内にはボウリング場が併設されていて、ボウリングと入浴料のセット券がお得だ。
[天然温泉 極楽湯 宮崎店]宮崎市高千穂通1-3-22 エースランド2F / 0985-61-4126 / 9:00~翌1:00(最終受付24:20)※土曜・日曜・祝日7:00~ / 無休 / 中学生以上590円、3歳以上320円、2歳以下無料 / 駐車場 400台(6時間まで無料、以降60分ごとに100円)

観光ついでに!ネットカフェを併設した温泉「太陽ヘルスセンター」/ 鹿児島市武

蒸気サウナと遠赤外線サウナの2種がある。サウナのあとは水風呂でクールダウンを / 太陽ヘルスセンター

「高温浴」や「超音波風呂」「歩行浴」などの10種類の風呂を備える源泉かけ流しの塩化物泉。なかでも温泉を使ったプール「運動浴」や、唐辛子をベースにした漢方を使っている「蓬莱薬湯」が人気だ。この漢方風呂はリウマチ・腰痛・神経痛に効果があるという。浴場には「飲泉」スペースがあり、飲めば胃腸疾患への効果が期待できる。

併設するネットカフェ「湯楽館」と一緒に利用する客も多い / 太陽ヘルスセンター

[太陽ヘルスセンター]鹿児島市武3-6-5 / 099-255-1126 / 4:00~翌2:00 / 第2水曜休み(翌日営業は12:00~) / 中学生以上420円、6歳~150円、6歳未満80円 / 駐車場 40台(無料)

鹿児島市内を一望!湯上がりにしゃぶしゃぶを「一本桜温泉センター」/ 鹿児島市紫原

「福祉湯」も通常の家族湯と同じ1650円で利用できる / 一本桜温泉センター

名物「桜湯」の大きな窓からは昼は鹿児島湾、夜は市内の夜景が眺められる。人気の「家族湯DX」にはジャグジーが付き、「福祉湯」は車イスで洗い場まで入れるうえ、手すりがついたバリアフリー設計の温泉で、地元客にも重宝されている。

「桜湯」からの眺望。大きな窓から入る風がすがすがしい / 一本桜温泉センター

湯上がりは食事処「桜処」でレタスがたっぷりの「豚しゃぶ(おじや付き)」を楽しもう。
[一本桜温泉センター]鹿児島市紫原6-1-18 / 099-250-2615 / 24時間 / 無休 / 中学生以上390円、小学生150円、3歳以上80円、貸切り湯1室60分1650円~ / 駐車場 90台(無料)
九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る