「よつぼし」の食べ放題を堪能!和歌山県のまあと工房でいちご狩り実施中

2020年2月12日 17:47更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

和歌山県日高郡みなべ町のstrawberry farm まあと工房で、5月6日(水)までいちご狩りを楽しめる。

高級いちごを堪能しよう

高級いちごを堪能しよう
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

strawberry farm まあと工房では、糖度、酸度ともに高く、濃厚な味わいが特徴の「よつぼし」を栽培。夜間もいちご狩りを楽しめる完全予約制のナイター営業も実施する。「いちご摘み(おみやげパック)」もあり、約300グラム入る空パックに、蓋ができる範囲までいちごを摘み入れて持ち帰ることができる(1パック1000円)。

【写真】丁寧に育てられたいちごを余すことなく味わって

【写真】丁寧に育てられたいちごを余すことなく味わって写真は主催者提供

担当者は「美味しいいちごの見分け方は、大小関係なく根本まで赤くなっていて、ヘタが反り返ってるもの。いちごは先のほうが甘いので、ビタミンのあるヘタ側から食べる事をおすすめします。お腹いっぱい食べようとするとお腹を壊す可能性が高くなりますので、一粒一粒農家さんが育てたいちごを堪能しましょう」とおすすめの食べ方を話す。

新鮮ないちごをおいしく食べられるstrawberry farm まあと工房のいちご狩り。ぜひ親子で、友人同士で、カップルで行こう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る