好評につき今年は第3幕も開催!厳選した「名古屋ラーメンまつり」初登場の醤油・塩・豚骨3杯を実食してきた

2020年2月13日 18:30更新

東海ウォーカー 河合萌衣

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年2月1日(土)から17日(月)まで、「久屋大通公園 エディオン久屋広場」(名古屋市中区)で開催中の「名古屋ラーメンまつり2020」。第1幕から第3幕までの3部構成で、2月13日(木)から17日(月)まで第3幕が開催される。毎年好評のこのイベントは、2020年は初めて3部構成となり、パワーアップ!今回も、全国の有名店が渾身の1杯を掲げて参戦している!そんな最強ラインナップのなかから、ラーメン雑誌編集部が厳選した3杯を実食レポートする。

世界的ガイドブックでも紹介、繊細な塩ラーメンが自慢! / らーめんstyle JUNK STORY

最初に選んだのは「名古屋ラーメンまつり」に初参加の「らーめんstyle JUNK STORY」より「~地鶏とハマグリの極上だし~

キラメキの塩そば」。「ミシュランガイド京都・大阪2018」でビブグルマンに評価されるほどの実力がある大阪の人気店だ。

地鶏とハマグリの両方の旨味を存分に引き出した絶品スープ / らーめんstyle JUNK STORY

地鶏とハマグリの両方の旨味を存分に引き出した絶品スープ / らーめんstyle JUNK STORY

すべての画像を見る(5件)

まずは、地鶏とハマグリを丁寧に炊き上げたスープを1口。あっさりと繊細ながら貝のコクが感じられ、深みのある味わいだ。しなやかでもちもちとした食感の特製麺ともよく合う。

トッピングは鶏モモとムネの2種類のチャーシュー、三つ葉、メンマ、ネギ、乾燥梅肉。チャーシューはモモ、ムネ共に厚みのあるカットで食べ応えがある。鶏ムネはしっとりとしていて柚子の風味がし、コクのあるスープと相性抜群だ。また今回、追加トッピングできる豚チャーシューをおまけで1枚つけてくれた。こちらも口当たりが滑らかで、豚そのものの甘味が感じられる。ラーメンには珍しい乾燥梅肉で味変が楽しめるのも嬉しい。

比較的、見た目はシンプルだが、トッピング、麺、スープ、ひとつひとつに店主のこだわりが感じられた。個人的に女性に特におすすめしたい1杯だ。

のど黒とシジミで作る、魚介の風味が極上の醤油ラーメン/ 醤油らーめん専門 金久右衛門

次は、これまた大阪から初参加の「 醤油らーめん専門 金久右衛門」から「のど黒とシジミの黄金中華そば」。

【写真を見る】のど黒とシジミがコク深い!コレが醤油ラーメン専門店の本気だ / 醤油らーめん専門 金久右衛門

【写真を見る】のど黒とシジミがコク深い!コレが醤油ラーメン専門店の本気だ / 醤油らーめん専門 金久右衛門

オリジナル金醤油とシジミ醤油のブレンド醤油と、鶏ガラとのど黒煮干しで丁寧にとったスープを合わせたスープは、あと味が特徴的。口に入れた瞬間、のど黒の甘味が口いっぱいに広がる。さらにガツンとシジミの魚介独特の風味が追ってくる。麺は細麺で固め。スープがしみ、麺からも魚介の風味が感じられた。

トッピングで印象的だったのは、繊維がなく柔らかい食感でしっかりと味付けされたメンマ。甘味と少し酸味も感じられ、良いアクセントになっている。追加トッピングした煮卵はスープのコクを邪魔しない、ちょうどいい塩梅だ。

創業以来つぎ足したスープで作る、大分で独自進化を遂げた豚骨ラーメン / ラーメン工房 ふくや

最後は、大分の「ラーメン工房 ふくや」より「炭火焼厚切りチャーシュー豚骨」。食べる前から、ビジュアルと芳ばしい香りで食欲が煽られる!

豚骨×厚切りチャーシューという、ガッツリ食べたい人におすすめの1杯 / ラーメン工房 ふくや

豚骨×厚切りチャーシューという、ガッツリ食べたい人におすすめの1杯 / ラーメン工房 ふくや

創業以来、つぎ足して作る豚骨スープに、大分の鶏を使った鶏白湯(パイタン)スープを合わせた旨味たっぷりのラーメン。今回食べた中では一番こってりしているが、スープ自体はややとろみがある程度でとても食べやすい。あっさりした細麺ともよく絡み、絶妙なバランスだ。

そして何よりも目を引く厚切りチャーシューは、しっかりと味付けされていて、炭焼きなだけあって、芳ばしい香りもたまらない。

肉厚のチャーシューがボリューム満点 / ラーメン工房 ふくや

肉厚のチャーシューがボリューム満点 / ラーメン工房 ふくや

わざわざ他県に足をのばしてでも行きたい全国の有名店が、名古屋に集結!この機会は、絶対に見逃せない。

■名古屋ラーメンまつり2020 / 期間:第3幕 2月13日(木)~17日(月) / 会場:久屋大通公園 エディオン久屋広場 / 住所:愛知県名古屋市中区栄3 / 電話:052-588-4466(中京テレビ放送) / 時間:10:30~20:00 / 料金:ラーメンチケット1杯 900円(税込)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る