新たな聖地誕生?「埼玉西武ライオンズ」のコンセプトホテルが宮崎に

2020年2月21日 18:20更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
ライオンズファンの新聖地が誕生
すべての画像を見る(6件)

「埼玉西武ライオンズ」の春季キャンプ地として知られる宮崎県日南市にある「日南海岸 南郷プリンスホテル」が今年、埼玉西武ライオンズをコンセプトとしたホテルにリニューアル。チームの春季キャンプにて全館貸し切り利用された後、2月22日(土)から一般利用が可能となる。ホテルに泊まってチームゆかりの地を巡り、ライオンズづくしの旅を楽しもう。

ファンなら一度は訪れたい「ライオンズルーム」「ライオンズフロア」

【写真】7階のダブルルームの壁には選手たちが。優勝時の感動を再び! 

リニューアルでは、7階の客室(ツインルーム11室、ダブルルーム1室)が「ライオンズルーム」に変身。さらに、7階エレベーターホールや廊下には選手の軌跡を表現した装飾を施し、フロア全体をライオンズ色に染めた「ライオンズフロア」が誕生した。ホテルロビーにはヒーローインタビュー時に使うパネルを再現したフォトスポットを、中2階にはスポーツバーのような雰囲気の「L’s Library」を設置したりと、ファン同士で楽しく交流できる空間づくりも行っている。

ロビーにはディスプレイコーナーもあり、選手が実際に使っていた野球用具を展示

7階の廊下は、 ホームベースからマウンド(プレート)、2塁ベースまでを実寸で模したデザイン

7階ツインルーム。熱狂を再現した壁紙、 等身大パネルや「レオ人形」も

ライオンズファンのためのスペシャル宿泊プランも登場

選手たちのお気に入りグルメを詰め込んだ「ライオンズディナー」

ライオンズコンセプトフロア専用の宿泊プランも用意。「スペシャルディナーコース付きプラン」では、キャンプ滞在中に選手たちがおかわりするほど人気のメニューなどを詰め込んだスペシャルディナーを味わえる。1泊夕朝食付き(朝食は通常メニュー)で、料金は大人1名1万8453円~(以下すべて税込/1室2名利用時)。ほかにも「通常メニューディナー付きプラン」(大人1名1万4546円~)、「朝食付きプラン」(大人1名9453円~)もあるので、好きなプランを利用しよう。
宮崎県日南市南郷町は、埼玉西武ライオンズが2004年から春季キャンプを張り、ペナントレースへ向けて調整を行う場所。南郷スタジアムや南郷駅のほか、水上パレードが行われた目井津港、チームがキャンプの安全祈願を行う榎原神社など、ゆかりの地が数多くある。ファン同士でホテルに泊まって、聖地巡りの旅を満喫したい。
岡部礼子

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る