世界的パティシエが完全監修!レモネードのために生まれたレモンスイーツ

2020年2月21日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

国内30店舗を展開する「レモネードbyレモニカ」の一部店頭にて、世界的パティシエ・辻口博啓氏監修の「レモンケーキ」(1個320円~・税込)と、「レモネードクッキー」(5枚入800円・税込)の販売をスタート。レモネードと合うように特別に開発されたコラボレーションスイーツで、ドリンクのお供にすれば、より一層楽しい“レモネードタイム”を体験できる。

口の中でレモンの風味が弾ける「レモンケーキ」&「レモンクッキー」


本格レモネード専門店「レモネードbyレモニカ」は、2016年に石川県金沢市で誕生。その後都内を中心に店舗を拡大し、2020年には初の海外展開となるアメリカ・サンフランシスコへの出店も決定した、近年注目の地方発ブランドだ。その魅力は、20種以上を誇る豊富なバリエーションで、レモンの酸味とソーダの爽快感がたまらない「ソーダレモネード」や、フローズンとソーダが2層になった「レモピナ」、放送作家・脚本家の小山薫堂氏が考案した、レモン3倍追加の「サンサンレモネード」など、ここでしか味わえないものばかり。世界中から厳選した旬のノンケミカルレモンを使用し、非加熱・非圧搾の独自製法で果汁を抽出することで、ナチュラル&フレッシュなレモネードの提供を実現している。

20種以上のラインナップを誇る本格レモネード専門店


そんな同店自慢のレモネードに合うスイーツとして今回メニューに加わったのが、世界で活躍するパティシエ・辻口博啓氏が開発を手掛けた2アイテムだ。「レモンケーキ」は、焼き菓子とは思えないほどの、フレッシュなレモンの酸味とジューシーな果肉感が特徴。辻口氏が試行錯誤を重ねて作り上げた自信作で、東京・自由が丘に店を構える自身のパティスリー「モンサンクレール」にて焼き上げている。一方の「レモネードクッキー」は、レモンの甘酸っぱさと、バターの豊かな風味を感じられるオリジナルクッキー。レモンのイラストが描かれたオシャレなパッケージも印象的で、ちょっとしたプレゼントにもピッタリだ。

世界的パティシエ・辻口博啓氏が監修を手掛けた


小さな箱入りの「レモンクッキー」は贈り物にもおすすめ


実力派パティシエ渾身のレモンスイーツと、生レモンから手作りする本格レモネードによる至福のマリアージュを楽しもう。

佐藤理沙子

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る