滋賀県東近江市のベジタブルガーデンで夜のいちご狩りを楽しもう

2020年2月25日 17:31更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

滋賀県東近江市のベジタブルガーデンで、5月初旬までいちご狩りが楽しめる。

夜の幻想的な雰囲気で楽しむいちご狩りはロマンチック写真は主催者提供
すべての画像を見る(2件)

ベジタブルガーデンは、昼から夜まで1日を通して開園。果肉が柔らかく、酸味が控えめで甘さの強い「あきひめ」を中心に、「紅ほっぺ」「やよい姫」「桃薫」「おいCベリー」「よつぼし」「とちおとめ」を栽培している。いちご狩りの様子を撮影し来場者にプレゼントするという嬉しいサービスを行うほか、完全予約制のナイターではホットドリンク1杯が付き、ライトアップされた幻想的な雰囲気の中でゆっくりといちご狩りを楽しめる。

【写真】レストスペースでゆっくり休むことも写真は主催者提供

担当者は「当園で育てられているいちごは、『あきひめ』をメインに全部で7品種。色んないちごを食べ比べできます。当園では昼に加えて夜にもナイター営業をしておりますので、昼には明るく温かい温室で、夜にはライトアップされたロマンチックないちご狩りをお楽しみいただけます。今、元気が無いといわれている日本の農業ですが、少しでも農業で笑顔になってもらうことで、農業に対するイメージを良いものに出来たらなと思っています」と話す。
2020年はレストスペースをリニューアルし、さらに利用しやすくなっている。気軽にベジタブルガーデンを訪れて。
ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る