30分食べ放題と摘み取り体験が楽しめるいちご狩りが富山県の西塩野観光農園で実施中

2020年2月25日 17:11更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

富山県富山市の西塩野観光農園で、6月上旬までいちご狩りが楽しめる。

高設栽培で育てられたいちごを味わえる写真は主催者提供


様々な収穫体験が可能な西塩野観光農園のいちご狩りでは、30分食べ放題と摘み取り体験ができる。摘み取り体験では、摘み取り用のパックに気に入った粒のいちごを必要分詰め、量り売りで販売。ハウス内は高設栽培でいちごを育てており、かがまずに楽にいちごを摘み取れる。いちご狩りは先着順で受付を行なうため、開園日は公式サイトで確認のうえ来園がおすすめだ。ハウス内には様々な設備があるので、子供連れは注意が必要。

【写真】思う存分いちごを味わって写真は主催者提供


担当者は「西塩野観光農園は、富山きときと空港より県道69号線を車で南に約12分、三連棟ハウスが目印です。駐車場は農園内に20台程度と、徒歩5分程の場所に50台以上駐車できる場所がございますので、乗用車でお気軽にお越しください」とアクセス情報を話す。

いちごが旬を迎えるこの季節、もぎたて新鮮ないちごを堪能しよう。

ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る