JO1木全翔也と佐藤景瑚に地元でインタビュー!「サングラスかけてイケイケだった」衝撃の出会いって?

2020年3月3日 18:02更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、101人の中から国民投票によって選ばれた11人で結成されたグローバルボーイズグループ"JO1”が、2020年3月4日(水)に「PROTSTAR」でデビューする。その中から、愛知県出身メンバーの木全翔也さんと佐藤景瑚さんが、東海ウォーカー編集部にやって来た!東海地方での思い出やMVの裏話、今後の目標などを語ってくれた。

2人の出会いから、今後の目標まで語ってくれた
すべての画像を見る(12件)

愛知県出身2人の地元トーク

――東海ウォーカー編集部へようこそ!まず自己紹介をお願いします。
佐藤「JO1の佐藤景瑚です。好きな乗り物は観覧車です。よろしくお願いします」
木全「JO1の木全翔也です。あと2か月後に20歳になります!誕生日プレゼント待ってます(笑)」
――愛知県出身ということですが、東海地方での思い出の場所やよく行っていた場所はありますか?
佐藤「いっぱいあります。栄はよく行きました。パルコやオアシス21とか。あと、卓球台が置いてある栄のカフェがおすすめです」
木全「僕も、パルコとオアシス21はよく行っていました。名古屋発祥の油そばもよく食べていましたね」
佐藤「地元の映画館にも行ってました。人があまりいないのと、バター醤油味のポップコーンがお気に入りで。オーディション中に、2人でホラー映画を見に行ったこともあります」
木全「バイクで行ったので、もしこれで事故に遭ったら呪われてるよねって話していました(笑)」

【写真を見る】愛知県出身のJO1木全翔也と佐藤景瑚が東海ウォーカー編集部にやって来た!

知られざる2人の出会い方!

――お互いの初対面の時の印象を教えてください。
佐藤「僕ら知り合ったのが早くて、101人が決まる前の1次選考で知り合いました。翔也を見て、絶対に受かると思い、声をかけました」
木全「僕は、最初、サングラスかけて入ってきた姿を見て、イケイケすぎて怖いと思いました。『(サングラスを上げる仕草をしながら)お手洗いどこっすか』って」
佐藤「調子こいてましたね。最初は、他の子に負けたくなくて、クールにしていました」
――そこから同じ時間を過ごすにつれて、どう変化していきましたか?
木全「見た目がイケイケなのは変わらないですけど、中身はアホです(笑)」
佐藤「僕も同じことが言いたいよ!お互いちょっと抜けてて、結構喋るし、ボケたりして面白いです。愛知県出身だからかツボが似てるんですよ」

トークも頑張りたい!とのこと

JO1としての活動とこれから

――1月31日(金)から大阪と横浜で計6回開催された、JO1初のファンミーティングの感想を教えてください。
木全「番組では、ステージの下にファンの方がいる形でした。それが上にもいて。人数も増えて、見る範囲が広くなったことに驚きました」
佐藤「まだまだですけど、初めての多さで圧倒されました。もっと大きなところでファンの皆さんに会いたいです。ナゴヤドームやガイシホールなど地元でやることも目標です」
――グッズも発売されましたが、今後こういうのがあったら嬉しいなどありますか?
木全「デザインしてみたいんですよ。僕達が考えたらもっと喜んでもらえると思いますし、そういう仕事も将来やりたいので。活動期間中にかじっときたいです」
佐藤「僕もそういう分野に興味があるので、デザインしたいです」
――MVが公開され、ファンの間で"筋肉キス”が話題になっていました。振付を見たときどう思いましたか?
佐藤「最初は恥ずかしかったです。特に戻るときが1番恥ずかしくて。盛り上がって、喜んでくれるとも思いました」
木全「キャッチーでいいなと思いました。すぐラップパートに入るので、僕は短いんですけど…」

ファンの間で話題となった筋肉キス

恥ずかしそうにポーズしてくれた!

――Practice Videoのコスチュームは自分たちで決めたのですか?
佐藤「マネージャーと相談して、似ていると言われる動物や、僕たちに関係するコスチュームにしました」
木全「えっ、僕相談されてないです。ウサギ固定ですか!(マネージャーから「木全はウサギでいいかなと思った」と聞くと)ウサギ好きなので全然いいですけど(笑)」

ウサギ固定でも全然いいです!という

――デビューという夢をつかんだ2人ですが、グループとして個人として、さらなる目標を教えてください。
木全「世界に出て活躍したいです。個人としては、ブランド立ち上げたり、ケア用品を出したりしたいです。”プロデュース木全”したいです」
佐藤「だっせ!僕も世界を目指しているので、ビルボードに入ることが夢です。翔也と被るんですけど、ブランドを立ち上げたいのと、パリコレに呼ばれたいです」
木全「僕のブランドの服を着て出てほしい!プロきまの」
佐藤「やだなぁ(笑)」
取材前は「トークが苦手」と言っていたが、冗談を言い合いながら、たくさんのエピソードを話してくれた。インタビューの愛知県のおすすめスポットの話では、全国チェーンの店を紹介する天然な木全さんに対して、佐藤さんがつっこみながら話をリードし、写真撮影では、佐藤さんのポーズを木全さんが真似する姿がみられた。兄弟のような仲の良さで取材陣をほっこりさせた2人、今後の活躍に期待したい!
■JO1とは?
2019年社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の中で、視聴者である“国民プロデューサー”によって101名の中から選ばれた11名で結成されたグローバルボーイズグループ。デビュー前にして、CMや有名ブランドのイベントに出演を果たす。2020年ブレイク間違いなしだ!
■木全翔也
2000年4月5日生まれ、愛知県出身。自身で「地味で目立たない」と発言することもあったが、ステージ上での表現力が高いと話題になり、多くのファンを獲得。ステージを降りても、独特な言動がファンを惹きつけて離さない!

ステージ上と素の姿のギャップにハマるファン続出!木全翔也さん

■佐藤景瑚
1998年7月29日生まれ、愛知県出身。身長181cmという長身を生かしたダンスが魅力で、番組トレーナーに「華がある」と言われるほど。マイケル・ジャクソンのものまねや怪談が得意など、意外な一面も。

抜群のスタイルと面白さが魅力!佐藤景瑚さん

阿部純奈

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

ページ上部へ戻る