まだ見ぬ景色を求めて!宮崎県・延岡市で立ち寄りたい春のドライブスポット5選

2020年3月29日 10:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

春が最も美しい!山肌に並ぶ新緑の茶山を一望できる絶景ビューや、マリンレジャーの日向灘クルージングで春を思いっきり感じてみよう。

急斜面に広がる約11万平方メートルの茶畑「地下の茶山」


日向灘をバックに茶畑が広がる標高200mの丘陵は、「日本の里100選」に選ばれた名所。お茶が芽吹く3月下旬ごろから、新茶の鮮やかなグリーンが一面を染める。美しい模様のように広がる茶畑の列が見もの。

[地下の茶山]宮崎県延岡市北浦町古江 / 延岡観光協会 0982-29-2155 / 終日開放 / 入場無料

ボリューミーで風味豊かな天然物のマガキや岩ガキを楽しもう!「三洋水産」


【写真を見る】三洋水産 / カキやヒオウギ貝、サザエなどが入る基本セットは1800円(税込)、ワカメしゃぶしゃぶは700円(税込)


北浦町で初めて、浜焼き店を開いた元祖カキ小屋。1個800gの岩ガキや希少なマガキなど天然物を中心に、良質の貝類や甲殻類が味わえる。5月上旬まで、近海で採れたワカメのしゃぶしゃぶも注文可。

三洋水産 / 伊勢エビ100g(焼き1200円・税込、しゃぶしゃぶ1500円・税込)


三洋水産 / 化粧ウニ(1000円・税込)


三洋水産 / 大型の岩ガキ(100g120円・税込)


[三洋水産]宮崎県延岡市北浦町古江2949 阿蘇港内 / 0982-45-3600 / 11:00~17:00(要予約) / 火曜休み

「快水浴場百選」の特選に九州で唯一選ばれた「下阿蘇ビーチ」


下阿蘇ビーチ / ビーチ全長は約1km。島浦島を望む景色は「日向松島」と呼ばれるほど


日豊海岸国定公園の中心部にある海岸で、美しい白浜が広がる。浅瀬が続くビーチは海水の透明度も高く、波も穏やかだ。トイレや更衣室、シャワー室も完備する。

下阿蘇ビーチ / トイレや更衣室、シャワー室も完備


[下阿蘇ビーチ]延岡市北浦町古江3337-1 / 道の駅北浦 0982-45-3811 / 終日開放 / 入場無料 

爽快な日向灘クルージング!海食トンネルなど絶景がいっぱい「北浦臨海パーク 観光案内所」


北浦臨海パーク 観光案内所 / クルージングコースは、最大12人乗れる


北浦臨海パーク 観光案内所 / サバ養殖の生け簀でエサやり体験(エサ代300円・税込)


日向灘に浮かぶ島浦島や高島などを、海上タクシーで巡るクルージングが楽しめる。コースは、体験タイプの湾内ルートから島浦島周遊まで4種。特に島浦島にある巨大な岩のアーチ「千貫目」くぐりは迫力満点だ。

北浦臨海パーク 観光案内所 / 運がよければイルカに会えることも


北浦臨海パーク 観光案内所 / 約60分の千貫目コースは、太平洋の荒波によってできた千貫目が見もの


[北浦臨海パーク 観光案内所]宮崎県延岡市北浦町古江2501-60 / 0982-24-5280 / 10:00~16:00(クルージング受付~14:00) / 無休 / クルージング体験 中学生以上3000円(税込)ほか

水揚げされたばかりの鮮魚を直売価格でゲット!「北浦臨海パーク きたうらら海市場」


北浦臨海パーク きたうらら海市場 / 直売ならではの手ごろな価格


北浦港で水揚げされた鮮魚を中心に、農産物や加工品が豊富にそろう。直売ならではの手ごろな価格なので、観光客から地元民まで訪れる。お得な海鮮バイキング(大人1850円ほか・税込)も実施中。

北浦臨海パーク きたうらら海市場 / ちりめんアヒージョ(657円)


[北浦臨海パーク きたうらら海市場]宮崎県延岡市北浦町古江2501-60 / 0982-24-5580 / 販売9:00~18:30、レストラン10:30~14:00(LO)、土曜・日曜・祝日~15:00(LO) / 無休、レストランは水曜休み

九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

ページ上部へ戻る