京都・嵐山エリアで桜と共に楽しむカフェ3選

2020年3月8日 08:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

嵐山は、四季ごとに、嵐山や桂川を彩る自然が表情を変える風光明媚なエリア。美しい庭園を有する天龍寺など寺社が集まるほか、渡月橋付近なども桜におおわれ、歩くだけでも楽しい。ひと休みするなら、ベーカリーカフェや川沿いの店に。<※情報は関西ウォーカー(2020年6号)より>

意匠をこらした空間で抹茶のフレンチトーストを「パンとエスプレッソと 嵐山庭園」


国内に13店を構える「パンとエスプレッソと」の京都初進出店。築210年の府指定有形文化財の邸宅を改装したカフェでは、抹茶トーストやフルーツサンドが味わえる。ベーカリー「パンと」に並ぶ約30種のパンもほとんどが京都限定!

名物の食パン「ムー」をフレンチトーストにした、京都限定の抹茶のフレンチトースト(1250円、税込・14時から提供)/パンとエスプレッソと 嵐山庭園


写真はアイスクリームトッピングで+100円。

【写真を見る】プリン(550円・税込)はドリンクセット(1000円・税込) もあり/パンとエスプレッソと 嵐山庭園


築210年の建物を生かした店内は、窓から見える緑や嵐山らしいゆったりとした空気に癒される/パンとエスプレッソと 嵐山庭園


■パンとエスプレッソと 嵐山庭園<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45-15 電話:075-366-6850 時間:8:00~18:00(LOフード17:00、ドリンク17:30) 休み:不定休 席数:36席 タバコ:禁煙 アクセス:嵐電嵐山駅より徒歩5分>

新アフタヌーンティーで季節の味と景色を満喫「茶寮 八翠」


保津川沿いのラグジュアリーホテルにあるカフェ。季節の味を楽しめる和のアフタヌーンティーでは、1803(亨和3)年創業の京菓子司「亀屋良長」とコラボした四季折々の和菓子などを提供する。

老舗の和菓子と革新的なセイボリーを届けるアフタヌーンティー/茶寮 八翠


築100年以上の建造物を生かした店。テラス席もある/茶寮 八翠


■茶寮 八翠<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都内 電話:075-872-1222 時間:11:00~17:00 休み:なし 席数:40席 タバコ:禁煙 アクセス:嵐電嵐山駅より徒歩6分>

デザイナーズカフェにチキンプレートが登場「YADO Cafe」


旅籠をイメージしたホテルにあるカフェ。木の温もりを感じる落ち着いた空間で、モーニングやランチのほか、オリジナルのコーヒー豆と本格的なエスプレッソマシンで作るラテを楽しめる。

京都産鶏肉のハーブチキンプレート(1280円)が好評/YADO Cafe


暖炉や窓に向いたテーブル席などくつろぎの空間(席の配置換えあり)/YADO Cafe


■YADO Cafe<住所:京都市西京区嵐山中尾下町45 YADO Arashiyama1F 電話:075-861-7000(YADO Arashiyama) 時間:7:30~17:00(フードLO16:00) ※時期により閉店時間は異なる 休み:なし 席数:40席 タバコ:禁煙 アクセス:阪急嵐山駅より徒歩8分>

編集部

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る