脳を刺激するほどの超濃厚ラーメン!新潟で食べられる“ドロ系”「極濃煮干し」の注目の一杯

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

新潟にもついに波がやってきた、大量の煮干しを用ってドロドロスープに仕上げた“ドロ系”の「極濃煮干し」ラーメン。そんな極濃煮干しラーメンがおいしく食べられる、2つの店舗を紹介する。「こってり」が苦手な人は「あっさり」を選んで!<※情報はラーメンWalker新潟2020より>

「煮干らーめんとかき氷の店 にぼにゃん」(胎内市新栄町) / 2018年12月19日オープン


7種の煮干しを巧みに配合した、ガツンとビターな“セメント系”

東京のラーメン店で腕を磨いた店主が故郷へ凱旋。こってりとあっさりの2種の煮干しラーメンと、かき氷の二毛作で営業する。煮干しは種類や産地を全国から厳選。上品な旨味の伊吹産イリコ、力強い八戸産背黒イワシ、香り豊かな長崎産アゴを中心に、なんと7種を使用。煮干しの状態を見極め、量を調整している。なお、かき氷にはブルーベリーなど胎内産の季節の果物を積極的に使っている。

雑味がなく、あっさりで奥深い味わいの「煮干らーめん」


おすすめは「濃厚煮干らーめん」(790円)。動物系スープに大量の煮干しを加えて旨味を抽出。セメントのような見た目でドロリと濃厚だが、えぐ味はなく、麺はパツパツと歯切れがよい。このほか、あっさりで奥深い味わいの「煮干らーめん」(690円)も人気。こちらには伊吹産イリコなど5種の煮干しを使用している。

<住所:胎内市新栄町4-15 / 時間:11:30〜14:00、17:00~20:00(各LO) / 休み:月・火>

「メンドコロ スガ井」(南蒲原郡田上町田上丙) / 2019年8月6日オープン


【写真】刺激たっぷり!見た目は爽やか、“取り扱い注意”の超濃厚煮干しスープ

店主は、ラーメン王・石神秀幸氏が主宰する「食の道場」でラーメン作りを学んだ。あっさりな「中華ソバ」(680円)とこってりの「鶏白湯」(730円)の二本柱だが、見逃せないのが「ドクロ煮干しソバ」。鶏ガラと豚骨を砕き、髄から旨味を抽出したスープに、同量のウルメ煮干しを加えてさらに炊き上げる。ドロドロで見るからに濃厚!「痛風の方はご遠慮を」という濃厚煮干しだ。

バラチャーシューが丼一面をおおう「肉煮干しソバ」

おすすめは、やはり「ドクロ煮干しソバ」(880円/1日10杯限定)。煮干し全開のセメント系。ドロリと濃厚だが雑味はなく、レモンとトマトが清涼剤に。麺はパッツリ系だが、低加水でスープを吸うとモッチリに。このほか、豚骨ベースに煮干しやサバ節などを合わせたあっさり清湯(チンタン)、「肉煮干しソバ」(800円)も人気だ。

<住所:南蒲原郡田上町田上丙1874-2 / 時間:11:00〜14:30、17:00〜20:00(各LO)、土日祝~15:00(LO14:50) / 休み:不定>

煮干し好きが待ちに待ったブームが到来!こってり・あっさりを気分によって選べる店も多いので、まだ食べたことがないという人は、まずは「ラーメンWalker新潟」お墨付きの店でチャレンジしてみよう。

※価格はすべて税込み

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!今が見頃の花見スポットはこちら

ページ上部へ戻る