味噌グルメの進化がすごい!京都の味噌を楽しむ新感覚メニュー6選

2020年3月18日 08:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

米こうじと塩、大豆の配分で全く異なる味に変化する味噌。自らこうじの製造も行う発酵カフェに、新感覚の味噌ポタージュ、白味噌ソースのホットドッグまで、京都の最新味噌グルメがスゴい!<※情報は関西ウォーカー(2020年6号)より>

発酵カフェが移転してフードメニュー増!「大阪屋こうじ店 三条神宮道」

1804(文化元)年に舞鶴で創業したこうじ製造の老舗。こちらでは「糀屋カフェ」を併設し、味噌を使ったメニューが味わえる。店内ではこうじや味噌を販売し、利用客がメニューを再現したいと買って帰ることも。

肉味噌丼定食(880円)。刻んだタマネギと合挽き肉を合わせ味噌で炒めた甘辛い丼は、かき込みたくなるおいしさ/大阪屋こうじ店 三条神宮道
すべての画像を見る(15件)

赤味噌焼きチーズカレー定食(1180円)/大阪屋こうじ店 三条神宮道

赤味噌、甘酒、塩こうじ、オリジナルスパイスで煮込んだチキンカレーに、チーズをのせて焼き上げる。中には半熟卵入り!

「糀」と書かれた紺色ののれんが目印。ソファー席もあり/大阪屋こうじ店 三条神宮道

■大阪屋こうじ店 三条神宮道<住所:京都市東山区三条通神宮道東入中之町181 電話:075-754-0250 時間:11:00~18:00(LO17:30) 休み:月曜(祝日の場合営業) 席数:19席 タバコ:禁煙 アクセス:地下鉄東山駅より徒歩5分>

新感覚の“味噌のポタージュ”「MISO POTA KYOTO 京都本店」

こだわりの味噌と野菜のポタージュ「みそポタ」の専門店。具材を丁寧に下ごしらえし、日本人が慣れ親しんだ味噌で味付けした濃厚でなめらかなポタージュが看板商品。素材の色を生かしたカラフルな見た目で、手みやげにもぴったり!

はじまりの白(550円)。豆腐と白味噌をメインにした基本のみそポタ/MISO POTA KYOTO 京都本店

シンプルでありながら、懐かしいほっこり感に包まれる優しい味わい。

【写真を見る】美容意識が高い人にオススメ!華やぐ紅(550円)/MISO POTA KYOTO 京都本店

ビーツの力強い味わいを、優しい麦味噌と八丁味噌の風味でしっかりと包み込んでいる。鮮やかな赤色が特徴。

のれんにはおわんのロゴが。イートインスペースは3席/MISO POTA KYOTO 京都本店

■MISO POTA KYOTO 京都本店<住所:京都市中京区六角通富小路東入大黒町88 1F 電話:075-754-8630 時間:11:30~14:00、15:00~18:00(LO17:45) 休み:不定休 席数:3席 タバコ:禁煙 アクセス:地下鉄烏丸御池駅より徒歩8分>

京都であったかい白味噌グルメを!「パティスリー&カフェ デリーモ」

ショコラティエ・江口和明氏が手がけるパティスリー。京都ゆかりの食材で作るスイーツのほか、ランチにも定評が。特に白味噌を使ったカレーうどんはクリーミーな豆乳のエスプーマクリームと2層になっていてマイルドに味わえる。

白味噌×カレー×豆乳のクリーミーな一杯!近江牛カレーうどん(1182円、ランチ限定でドリンク付き)/パティスリー&カフェ デリーモ

近江牛や京都の平湯葉、九条ねぎなどをトッピング。白味噌を5種のスパイスを調合したカレーと豆乳クリームを混ぜて味わって。

和をイメージした京都らしい内装が印象的/パティスリー&カフェ デリーモ

■パティスリー&カフェ デリーモ<住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹 JR西口改札前イートパラダイス 電話:075-746-5300 時間:10:00~22:00(LO21:00)、土日祝8:00~22:00 休み:不定休 席数:72席 タバコ:禁煙 アクセス:各線京都駅と直結>

季節の漬物の盛り合わせと白味噌のお雑煮に舌鼓を「近為 京都本店」

1879(明治12)に創業し、昔ながらの重石手法により味を守り続ける。30余年続くお茶漬席は、柚こぼしなど約9種の漬物が味わえる人気メニュー。冬は千枚漬けが味わえる日もあり販売もしているので、おみやげとして購入できる。

四季折々の漬物の盛り合わせや白味噌仕立ての雑煮が楽しめるお茶漬席つけものコース(2160円)。写真は鮭粕漬け付き(2700円)/近為 京都本店

雪見障子から見えるのは、春日灯籠や手水鉢のある坪庭。風情を感じつつ食事を/近為 京都本店

■近為 京都本店<住所:京都市上京区千本通五辻上ル牡丹鉾町576 電話:075-461-4072 時間:販売9:30~17:30、お茶漬席11:00~15:20(LO14:30) 休み:なし 席数:20席 タバコ:禁煙 アクセス:阪急大宮駅より市バス6・46・206・201系統15~20分、千本今出川から徒歩5分>

黄金色の透き通ったダシとはんなり甘い白味噌の共演「嘗~miso~」

創作味噌料理店では、鶏ガラと一番ダシを合わせ丁寧に煮込んだおでんが名物。旨味たっぷりのダシに西京味噌で有名な「山利商店」の自然な甘味の白味噌を加え風味をプラス。味噌コロッケポテトサラダや味噌からあげもおすすめ。

女将の河原奈美さんがカウンター内で迎えてくれる。おでん鍋のふたをあけるとダシの香りがふわりと漂い食欲をそそる/嘗~miso~

特大わらじモモ(500円)。鶏モモ肉を1枚煮込み、とろけるような柔らかさに/嘗~miso~

掘りごたつ式のカウンター。「五感で味わってほしい」とBGMを流さないこだわりも/嘗~miso~

■嘗~miso~<住所:京都市中京区丸太町通室町西入玉植町223-3 谷村ビル1F 電話:075-746-4898 時間:17:00~24:00(LOフード23:00、ドリンク23:30) 休み:月曜 席数:17席 タバコ:喫煙可 アクセス:地下鉄丸太町駅より徒歩1分>

“シロミソホットドッグ”が人気!「HAPPY BUNS」

京都・丹波口のコーヒー店「GOOD TIME COFFEE」の姉妹店。自店で発酵させ、意外な素材を組み合わせたユニークなコッペパンが楽しめる。なかでも、京都の白味噌をベースに作るオリジナルソースを使ったホットドッグが話題に。

白味噌のソースで味わう新感覚のホットドッグ!ホットドッグ シロミソ(650円)/HAPPY BUNS

コッペパンにオリジナルの白味噌ソース、ソーセージをサンド。柚子の粉末とカツオ節を振りかけて和のテイストに仕上げる。

築90年の建物を改装した店内。白を基調としたシンプルな空間。カウンター席もある/HAPPY BUNS

■HAPPY BUNS<住所:京都市東山区東瓦町690 電話:075-354-5498 時間:10:00~18:00(LO) 休み:なし 席数:8席 タバコ:禁煙 アクセス:京阪七条駅より徒歩10分>
関西ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る