約1300点からグランプリが決定!「東美濃フォトコンテスト2020」結果発表!

2020年3月23日 11:43更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨年の12月から今年の2月にかけて行われた「東美濃フォトコンテスト2020」。「食」「風景」「工芸」「人」の4つをテーマに、岐阜県東美濃地域(中津川市、恵那市、瑞浪市、土岐市、多治見市、可児市、御嵩町)で撮影された写真を募集したコンテストで、Instagramを中心に合計1300点以上の写真が投稿された。

グランプリに輝いたのは、食をそそる五平餅の写真!

東美濃フォトコンテスト2020 グランプリ受賞作品 @katsu43
すべての画像を見る(10件)

3月上旬に各市町の観光協会スタッフ、岐阜県の担当者、東海ウォーカー編集長、岐阜県土岐郡笠原町(現多治見市)出身のタレントの鈴木ちなみさんが審査を行い、「食」や「風景」などのジャンルごとに1〜3位を選出。1位=3点、2位=2点、3位=1点として合計得点を集計し、今回のグランプリおよび各賞が決定した。
グランプリに輝いたのは、@katsu43さんが投稿した土岐市にある「みくに茶屋」の五平餅の写真。岐阜県の名物を捉えた1枚は、パッと見ただけで岐阜県をイメージさせ、「行ってみたい!」「食べたい!」という感情も駆り立たせる。このシンプルさやストレートさが審査の決め手になったようで、約半数の審査員が1位に選んでいた。@katsu43さんには、グランプリ受賞を記念して東美濃の宿泊施設等利用券が進呈される。ほかにも「食」を対象にした「おいしい東美濃賞」など4つの部門賞と、そのほか入賞作品が決定。ここで紹介した以外にも、Instagramで「東美濃フォトコンテスト」と検索すれば、すてきな写真がたくさん見つかるはず。
コンテストを実施して「こんな場所があったんだ!」と、東美濃の魅力を再確認した人も多いだろう。大河ドラマ「麒麟がくる」をきっかけに岐阜県への旅行を考えている人もいるはず。Instagramにある東美濃のすてきな写真を見つけて、そのスポットに遊びに行ってみては。

おいしい東美濃賞受賞作品 @nomeazokih72

風景の東美濃賞受賞作品@hrk_photo

工芸の東美濃賞受賞作品@takniwa

人の東美濃賞受賞作品@takayoshi_ao

入賞作品@townstream17

入賞作品@teru_caesar

入賞作品@piko.365

入賞作品@yurilirin

入賞作品@yu.ka.me

初野正和

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る