SKE48の高田志織のバレンタインチョコの行方は?

2009年2月3日 2:28更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

秋元康プロデュース・名古屋発アイドルグループ「SKE48」の連載コラム「素カット! SKE48」。今回登場するのは高田志織ちゃんだ。2/14のバレンタインデーを控え、プロのパティシエに教えてもらいながらのチョコレート作りにチャレンジする志織ちゃん。高校時代には家庭科研究部に所属していたという彼女の腕前は? そして、そのチョコレートの行方は??

チョコレート作りを終えた高田志織ちゃんを本誌記者がインタビューした。

本誌記者(以下“記”)「プロのパティシエさんに教えてもらってどうだった?」

高田志織(以下“高”)「すごく優しく教えてくれて楽しかった! これでばっちり覚えたんで家でも作ってみようと思います。」

記「チョコレートは満足のできる出来栄えだった?」

高「これデパートに売っていても不思議じゃないなって思います(笑)。我ながらよくできた!って」

記「このチョコレートは誰にあげる??」

高「他のメンバーに自慢しようって思ってたけど、数が足りないから秘密にしておきます。誰にあげよっかな〜。自分で食べちゃうかも!」

記「ことしのバレンタインは誰かにチョコレートあげるの??」

高「秘密! じゃなくて、手作りのチョコレートをお父さんにあげるつもりですよ」

記「最後に今日の感想をどうぞ!」

高「本格的なチョコレート作りにちょっとドキドキでした。今度はもっともっと豪華なものを作ってみたいな〜」

向上心がとっても強い高田志織ちゃんでした〜。【東海ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る