東京タワーで心温まるイルミイベント「Tokyo Warm Light」が開催!

2012年7月8日 12:39更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

夏季に実施される「天の川イルミネーション」や、冬季限定の「クリスマス・ライトダウンストーリー」など、季節ごとに趣向を凝らした催しが楽しめる東京タワーのイルミネーションイベント。今年も2月12日(日)から3月31日(土)までの期間限定で「Tokyo Warm Light ~あたたかな光と夜景のシンフォニー~」というイベントが開催されることになった。
今回の催しは、地上150mの大展望台で展開される室内型イルミネーションイベントで、2万6000個ものLED電球により、東京タワーのライトアップ時と同じオレンジ色の“あたたかな光”をフロア内に再現。さらに展望台中央には、高さ2mの巨大なハート型オブジェ「Tokyo Warm Heart(トーキョー ウォーム ハート)」も設置されていて、ハート部分に灯る明かりが見る人の心を和ませる、幻想的な空間が作り出されている。2月12日に実施された点灯式には、東京タワー・オリジナルキャラクターであるノッポン兄弟も登場。可愛らしいパフォーマンスを繰り広げ「Tokyo Warm Heart」の除幕セレモニーを盛り上げてくれた。
また、東京タワー内の販売ブースでは、今回のイルミイベントを記念したLEDキャンドルグラス「東京タワーの光のかけら」も333個限定で販売中。こちらは「東京タワーのあたたかい灯りを、持ち帰ることが出来たら」というコンセプトのもと、東京を代表する伝統工芸「江戸風鈴」の職人が一つ、一つ手作りで制作した貴重なアイテムで、商品の売り上げは東京タワーと友好関係にある岩手県大船渡市に全額寄付されることになっているそうだ。
なお「Tokyo Warm Light ~あたたかな光と夜景のシンフォニー~」は、連日16時から22時まで、00分と30分に約7分にわたって繰り広げられる予定なので、見に行く際はタイミングを間違えないよう注意しておこう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る